「8年越しの花嫁」土屋太鳳が手紙朗読、佐藤健の笑顔を「猫が笑ったときみたい」

1719

本日12月25日、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の大ヒット舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーにて行われ、ダブル主演を務めた佐藤健土屋太鳳が登壇した。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット舞台挨拶の様子。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全21件)

佐藤健

佐藤健

佐藤は「メリークリスマスですね。こんな特別な日にお会いできて光栄です」「好評が耳に入ってきてうれしい。麻衣さんと尚志さんの実際にあった人生にただただ誠実に向きあった結果が、皆さんに届いたのかと思うとうれしいです」、土屋は「感動したという声や言葉1つひとつに私が感動をいただいています。今まで観てくださった方々がいるからこの舞台挨拶ができると思うので、感謝しています」とそれぞれ挨拶する。

土屋太鳳

土屋太鳳

撮影中の印象に残っている場面を尋ねられた佐藤は土屋が特殊メイクをしていたことに触れ、「顔が動かせない土屋さんをなんとか笑わせようとちょっかいを出していた」と明かす。土屋は「本当に笑わせてくるのですが、愛情を感じましたね。ちょっと困りましたけど」と笑顔を見せる。麻衣と尚志の出会いのシーンを挙げた土屋は「2人が恋をすることを観てくださる方に感じてもらわないといけない。新幹線の中で健先輩とギリギリまでメールでやりとりをして考えました」と述懐。佐藤は「土屋さんが考えたセリフを僕に送ってもらって『ここはいいと思う』『いらないと思う』と話し合いをしていました」と話し、土屋が「(麻衣が)酔っ払っているシーンなので、瓶の日本酒を買って匂いだけ嗅いで酔っ払った気持ちになってました」と述べると客席から笑いが起き、会場をほっこりさせた。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット舞台挨拶の様子。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット舞台挨拶の様子。

続けて、佐藤と土屋が立会人となり、一昨日交際8年の記念日を迎えたカップルの人前式を開催。事前に知らされていなかったため、驚き緊張する女性に土屋は「大丈夫だよー」と優しく声をかけて寄り添う。男性の手紙によるプロポーズを聞いた佐藤は「言うねー! 熱烈でカッコいいですね! 俺、言えないです。すごいよ!」と感動していた。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット舞台挨拶の様子。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット舞台挨拶の様子。

最後に、サプライズで土屋が佐藤に宛てた長文の手紙を朗読することに。内容を3日間考え続けたという土屋は「常に自分より周囲の人々を思う健先輩の姿は熱く温かく優しく、役者として大切なことを教えていだきました」とまっすぐに気持ちを伝え、自身の笑顔が苦手だという佐藤に対し「健先輩の笑顔はとてもチャーミングで猫が笑ったときみたいです。素敵すぎると伝え続けます」と読み上げた。「恥ずかしいの10乗くらいですね」と大いに照れた様子の佐藤は、「本心から信じたことを口にできるような土屋さんに憧れがあるし尊敬しています。こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします」と思いを述べた。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット舞台挨拶の様子。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」大ヒット舞台挨拶の様子。

「64-ロクヨン-」の瀬々敬久がメガホンを取った本作では、結婚式の直前に倒れ意識不明となった花嫁・麻衣を待ち続ける青年・尚志の苦悩と愛が描かれる。尚志を佐藤、麻衣を土屋が演じた。現在、全国にてロードショー中。

この記事の画像(全21件)

関連記事

関連商品

リンク

(c)2017「8年越しの花嫁」製作委員会