映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「沈黙」塚本晋也が“隠れキリシタンの聖地”へ、「信じるもの伝承する姿に共感」

107

枯松神社祭に参加した塚本晋也。

枯松神社祭に参加した塚本晋也。

マーティン・スコセッシ監督作「沈黙-サイレンス-」のキャストである塚本晋也が、11月3日に長崎の枯松神社祭に参加した。

遠藤周作の小説を原作とする「沈黙-サイレンス-」は、17世紀の日本を舞台に、キリシタン弾圧によって棄教を迫られる若き司祭ロドリゴの苦難に満ちた闘いを描いた作品。アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信らが出演し、塚本は敬虔なカトリック信徒・モキチ役を務めた。

枯松神社は、本作に登場するトモギ村のモデルとなった旧黒崎村の隠れキリシタンたちが、サン・ジワン神父を祀った“隠れキリシタンの聖地”。今年で17回目を迎えた枯松神社祭は、迫害時代に指導を続けた神父や、信仰を伝承してきたキリシタンの先祖たちに感謝を捧げるものだ。

感謝祭と慰霊ミサには約150人が参加。キリシタン用語で“祈り”を意味するオラショの奉納や、カトリック信徒を対象とした聖体拝領などが行われた。

参加を終えた塚本は、「今回の『沈黙-サイレンス-』を深める旅の最終地点にあたる場所なので、映画で言うとクライマックスの奥まったところに行くような感じで参りました」「モキチと同じような隠れキリシタンの子孫の人たちが集まって、今もこのような行事を行っているわけですから、感慨深いものがあります」と話す。また「この役を本気でやったので、隠れキリシタンの子孫の人たちと実際に会ったときにはやはりちょっと緊張しました。オラショも生で聞けて『お、本物はこういう感じなんだ!』と感動しました。モキチを演じた身として、信じるものを長きにわたり伝承し続けている姿にすごく共感しました」と感想を述べた。

「沈黙-サイレンス-」は、2017年1月21日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー