映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「真田十勇士」中村勘九郎らが甲冑姿で集結、松坂桃李は馬と並走した思い出語る

972

「真田十勇士」クランクアップ報告会見の様子。

「真田十勇士」クランクアップ報告会見の様子。

本日3月17日、映画「真田十勇士」のクランクアップ報告会見が東京・東京国際フォーラムで行われた。

会見では、まずメイキングを中心とした約4分の特別映像を上映。続いて和太鼓団体・信州上田真田陣太鼓保存会によって真田陣太鼓の演目「出陣」が披露され、中村勘九郎松坂桃李大島優子らキャスト陣と監督の堤幸彦が登壇した。壇上にはそのほか永山絢斗加藤和樹高橋光臣駿河太郎村井良大荒井敦史、青木健、加藤雅也大竹しのぶ石垣佑磨の姿も。堤以外の登壇者は全員劇中の衣装に身を包んで登場した。

本作は、堤が演出した2014年の舞台「真田十勇士」の映画版。堤は公開と同時期に上演される新たな舞台版でも演出を務める。猿飛佐助を演じた中村は「舞台版の公演中に、『映画にしてくださいよ』なんて冗談を言っていたら本当になってしまいまして、さすが堤監督だと思います。戦国時代劇ということである程度は覚悟していたんですけど、予想を超える過酷な撮影でした。ですが、ご覧の通り顔だけでなく心も美しい俳優陣の皆さま、そして優秀で信頼できるスタッフの皆さま方のおかげで無事クランクアップできました。セットも豪華でロケ地も広大で、夢みたいな2カ月半でした」と挨拶。

霧隠才蔵に扮する松坂は「自分の顔が髪で半分隠れてます」と笑い、「台本からは想像できないようなことが現場ではたくさん巻き起こってまして。空を飛んだり馬とともに走ったり、敵陣に突っ込み敵兵をバッサバッサと斬り倒したり。少年マンガを地でいくようなアクションの連続で、楽しい日々を過ごしました」と回想する。

質疑応答では、「アクションシーンについての思い出は?」という質問が飛んだ。くノ一の火垂役を務める大島は「木の側面を縦に走るという動きをワイヤーアクションでやったんですが……というか、やらされた? 監督はなんでも私にやらせるんですよ」とコメント。堤から「完璧でしたよ。木を縦に走れる女優はあなたしかいない」と絶賛されると、大島は「いい経験になりました。演技の幅が広がったかもしれません」と笑った。中村は「自分はワイヤーアクションはなかったんですが、才蔵に抱えられて飛ぶというシーンがありましてすごく心地よかったです」と述べる。

松坂は「一番びっくりしたのは『馬と一緒に走ってください』と監督に言われたことですね。『馬に乗って走るんですか?』と聞いたら『いや、馬と一緒に並走してください』と言われて、『うーん、何を言ってるんだろう……』と思いまして(笑)。『監督、馬と同じスピードで走るのはさすがに無理です』と言ったら『いや、大丈夫です。あと才蔵は忍者なんで腕は絶対に振らないでください。馬と同じスピードになったところを狙うんで』とおっしゃられて」と述懐。堤がこれに対し「10m走だと人間はどんな動物よりも速いんですよ。知ってました? その10mの瞬間を使いましたから」と自信満々で補足すると、松坂は「そこを使ったみたいです……」と苦笑した。

「真田十勇士」は9月22日よりロードショー。

映画ナタリーをフォロー