映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

三浦春馬「なぜ舞台挨拶が必要かわかった」と告白、「進撃の巨人」初日舞台挨拶

115

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」初日舞台挨拶の様子。左から本郷奏多、水原希子、三浦春馬、長谷川博己、石原さとみ。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」初日舞台挨拶の様子。左から本郷奏多、水原希子、三浦春馬、長谷川博己、石原さとみ。

本日8月1日、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の初日舞台挨拶が、東京・お台場シネマメディアージュにて行われ、キャストの三浦春馬長谷川博己水原希子本郷奏多三浦貴大桜庭ななみ松尾諭石原さとみピエール瀧、監督の樋口真嗣が登壇した。

イベントが始まると、客席後方からキャストと監督が登場。三浦、水原らの姿に会場を埋め尽くした約600人の観客から大きな歓声が湧く。緊張しているか問われた主人公エレン役の三浦は、「変な汗をかいて、夜中に目が覚めてしまいました。でも皆さんの前に立っている今、とても晴れやかな気持ちです」と初日を迎えた感慨を述べる。

ヒロインのミカサを演じた水原が「皆さんどうでしたか。楽しかったですよね?」と尋ねると、客席からは大きな拍手による返答が。「1.8m級巨人を演じました」と冗談交じりに自己紹介する衛生救護班員ソウダ役のピエール瀧は、「本作以外にも樋口監督の作品に出演していて、それらの中ではいつも死んでしまっているんですが……今回に関しては、安心してください、生きてますよ」と、とにかく明るい安村風にコメントし客席を盛り上げる。

緊張した面持ちでマイクを持った樋口は「皆さん、お暑い中お越しくださり、ありがとうございます」と言葉を噛みながらも観客に挨拶。続けて「『いつまで続くんだ、早く舞台挨拶見せろ』と思われるぐらいエンドロールが長かったかと思います。諸事情からエンドロールには載せられなかったスタッフもあわせると約1000人のスタッフによってこの映画は作られています」と語り、キャストとスタッフへの感謝を示す。

続いて司会から「この夏『駆逐したいもの』、あるいは『破りたい壁』はなんですか」という問いが投げかけられた。巨人に強い関心を持つ調査兵団リーダーのハンジを演じた石原は「実は昨日、周囲の視線が気になって眠れなくなってしまい、インターネットで“ハンジ”と検索してしまったんです」と告白。「もっと、『私が楽しかったらいいじゃん』と思えるようになったらいいと思ってます。だから周囲の視線を気にしすぎる自分が『駆逐したいもの』です」と思いを語る。“人類最強の男”シキシマを演じた長谷川は、「『駆逐したいもの』はありません、『超えられない壁』はない」と明言。「最強ですから」と自身の役どころを意識し、発言を重ねた。

最後に三浦が「さっき、ふと舞台挨拶というのはなんでやるのかなと思ったんです」と吐露。続けて「もちろんそれは宣伝のためだと思うんです。でもそれ以上に多数の映画館のスクリーンに作品がかかること、それを観に来てくれた観客の方に感謝を表すために行うんだなと、皆さんの姿を見て心から思いました」とコメントし、観客への素直な気持ちを明かした。

映画「進撃の巨人」は、本日より公開の前編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」と、9月19日公開の後編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」の2部作。国外でも注目を集めており、8月1日現在、83の国と地域での配給が決定している。

映画ナタリーをフォロー