映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

シンゲキノキョジンアタックオンタイタンエンドオブザワールド

解説

全世界累計発行部数が5000万部を超えるベストセラーコミックを映画化。2部作連続公開のクライマックスとなる後編。突如現れた“巨人“に人類が捕食される未来を舞台に、生存をかけて戦う人間の苦闘を描く。三浦春馬、水原希子、石原さとみらがハードな世界観で魅せる新境地に注目。監督は庵野秀明とともに新作『ゴジラ』を手がける樋口真嗣。

ストーリー

外壁修復作戦に出発したエレンは、アルミンをかばい巨人に飲み込まれてしまった。絶望が広がり誰もが諦めかけた時、謎の黒髪の巨人が出現し、他の巨人たちを駆逐し始める。巨人はなぜ現れ、人類はなぜ戦うのか。人類の存亡をかけた最後の反撃がついに始まる。

2015年9月19日(土)公開[PG-12] / 上映時間:87分 / 製作:2015年(日本) / 配給:東宝

(C)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (C)諫山創/講談社

(C) PIA

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドのニュース

映画ナタリーをフォロー