映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「進撃の巨人」“最強の男”役の長谷川博己、撮影中の大絶叫バラされる

109

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」完成披露ジャパンプレミアにて、左から本郷奏多、水原希子、三浦春馬、長谷川博己、石原さとみ。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」完成披露ジャパンプレミアにて、左から本郷奏多、水原希子、三浦春馬、長谷川博己、石原さとみ。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の完成披露ジャパンプレミアが、7月21日に東京・東京国際フォーラムにて行われ、舞台挨拶にエレン役の三浦春馬、シキシマ役の長谷川博己、ミカサ役の水原希子、アルミン役の本郷奏多、ジャン役の三浦貴大、サシャ役の桜庭ななみ、サンナギ役の松尾諭、ハンジ役の石原さとみ、ソウダ役のピエール瀧、クバル役の國村隼、そして監督の樋口真嗣が登壇した。

炎が立ち上る演出とともにキャストと監督が登場すると、4000人の観客は一気にヒートアップ。三浦から「皆さんは今日、日本で1番早くこの『進撃の巨人』の目撃者になります。『進撃の巨人』の世界観に浸っていただけたら」と言葉が贈られると、会場からは大喝采の拍手が沸き起こる。

続いて水原は「今までに観たことがない映画を観ることになります」と宣告。ピエールは「半分は巨人を観に来たんでしょ?」と迫り、司会者から巨人は本当に怖いのかつつかれると、「ご安心ください、ちゃんと怖いです」と観客の期待をあおった。

監督の樋口は「なぜ映画化しようと思ったのか」という質問に対し「原作の2巻が書店に平積みで置かれてるのを見て、巨人と目と目が合ったんです」と作品との出会いを振り返り、「このマンガは映像化したら面白いんじゃないかと惚れこみました。その衝動のままここまで来ました」と話す。原作者の諫山創からは「原作を気にせず違う話にしてくれ」言われたことを明かすが、それに対して樋口は「それだと『進撃の巨人』じゃない、俺は『進撃の巨人』がやりたいんです」と伝え、原作の面白い要素をどこまで詰め込めるのか諫山と密にやりとりをしてきたことを打ち明けた。

続いて話題は、撮影時のエピソードへ。本作のクランクイン直前まで、ドラマで女子力の高い役を演じていたという石原は「真逆の役を演じられて吹っ切れたなって思いました」と述懐。本郷は楽しかった思い出に監督との空き時間の会話を挙げる。そして「監督が役者陣の話を聞いてくださる方で。冒頭のナレーションをやりたいと提案したら叶ったし、偉い人が着るマントを僕も着たいです、と言ったら『うん、じゃあ着ようか』となんでも叶えてくれて、ビジュアルを含めドラえもんです」と話すと樋口はドラえもんの声真似で「ありがとう」と答え、観客を爆笑の渦に巻き込んだ。

長谷川は立体機動装置で1番最初に飛んだことを振り返り、「叫びました……。あれは見せしめだったんですよね、監督?」と樋口に迫る。2人のやりとりを見ていた三浦は「長谷川さん、素で叫んでいましたよね」とツッコみ、「(三浦の)20mくらい上で、いつも寡黙な長谷川さんが『うわあああ』って叫んでるから、話しやすそうな人だなと(笑)」と意外な一面を披露。長谷川は「すごく怖かったんですが、最強の男の役という設定だったので……」と困ったような表情を浮かべて会場の笑いを誘った。

映画「進撃の巨人」は、8月1日公開の前編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」と、9月19日公開の後編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」の2部作。世界63の国と地域で配給が決定している。

映画ナタリーをフォロー