音楽ナタリー

AKB48、新作映画試写会で激動の2012年を振り返る

251

2月1日に全国公開される、AKB48の新作ドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」の完成披露プレミア試写会および舞台挨拶が、本日1月21日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。

この映画は2012年のAKB48の活動に密着したドキュメンタリー作品。今回の舞台挨拶にはAKB48から高橋みなみ、大島優子、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美、峯岸みなみ、北原里英、横山由依の8名に加え、同映画の監督を務めた高橋栄樹が登壇した。大島は「こんなに人がいると思いませんでした。アイドルの映画っていうとなかなか足を運びにくいと思うんですけど、今日はありがとうございます」とファンに挨拶。続けて板野は「この映画を観て私は何回も泣きました。皆さんにもいろんなことを思ってほしい」、北原は「最近物忘れが激しいので、この映画を観て2012年を思い出せてよかったです」とそれぞれ映画を観た感想を口にした。高橋監督は今作について「2012年はAKB48にとって本当にいろんなことがあった年で、これを2時間にまとめるのは膨大な作業。本当に間に合ってよかったと思います」と、現在の心境を吐露した。

映画にも登場する昨年夏の東京・東京ドーム公演について話が及ぶと、高橋は「今振り返ってもあれは夢だったんじゃないのかというくらいの出来事。AKBのオフィシャルブログは当初「東京ドームまでの軌跡」というタイトルで、最初はまだ(秋葉原の)劇場も埋まらないくらいだったのに、7年経ってあのステージに立てたのは自分たちの人生の中でも宝だなと思いました」とコメント。ドーム公演初日に発表された組閣で新チームAのキャプテンに就任した篠田は、「最初は『嘘だろ? 無理無理!』って、すごく疑ったのを覚えてます(笑)。すぐそばで(高橋)みなみを見てきてるし、キャプテンの重みや責任感が自分にはないしで、あの夜は不安でたまらなかった。今は新チームとして動いているけど、現在もキャプテンとは何かということと向き合っているところです」と思いを明かした。

前田敦子の卒業については、小嶋が「(さいたまスーパーアリーナ公演の最後に)あっちゃんがしゃべり出すときに、卒業を発表するんだなというのは感じていて、言わないでほしいなと思ってた。多分あのときは、さいたまスーパーアリーナの客席もそんな雰囲気だった。でも卒業を発表をしているあっちゃんの表情はカッコよくて」と発言。続けて「センターに立つと本当に緊張するんですよ。見えるいつもと景色も違って、しゃべれなくなるんです。だからあっちゃんって本当に偉大だなって、今でも思ってます」と語ると、なぜかほかのメンバーが笑い出し場を和ませた。また前田の卒業後、AKB48のセンターに立つ機会が多い大島は「センターがその場所に存在するというよりは、例えば前田敦子には前田敦子のポジション、大島優子には大島優子のポジションがあって、当てられたスポットライトがたまたま大島を指したというか。だからセンター自体も動いていて、そのスポットが当てられた場所がセンターなのかなと思います」と、自身の考えを説明した。

前田の卒業公演での円陣時に流した涙について質問されると、峯岸は「去年の正月に書き初めに『泣かない』って書いたけど、多分メンバーの中で一番泣いたんじゃないかな。東京ドームまで来れたうれしさ、あっちゃんが卒業する寂しさ、そういったいろんな感情が混ざった涙はあの日が初めてじゃないかな」と回答。涙つながりで総選挙で毎回号泣する横山に話が振られると「うれしいと人は涙が出てくるんだな」と話したが、それを遮るように高橋が「横山さん、涙だけじゃなくて足がガタついてたし(笑)」と言って会場の笑いを誘う一幕も。これを受けて横山は「この映画にはたくさんの涙が出てきて。人を送り出す涙だったり悔し涙だったり、人って喜怒哀楽には涙が付きものなのかなって改めて思いました」と、率直な感想を口にした。

2012年にはいろんな形でメンバーが卒業したことに話が及ぶと、高橋は「本当にたくさんの別れがあった1年でした。うれしい卒業もあり、悔しいなと思うこともたくさんあったけど、どんなことがあっても明日はやっぱり来るので、私たちは(卒業した)その子たちの背中を見送って、ここでがんばらなくちゃいけないなと思いました」とコメント。そして最後に「今回の映画はセンターとAKBの第2章を軸に描かれています。2012年、私たちはたくさんの涙を流しました。私がこの映画を観て思ったことは、メンバーによって観てる景色が違って、涙の色も涙の意味も違うということです。その涙を流した先に何があるのか、若い私たちの決断は正しいのかはわかりません。ですがどんなことが起きても、明日はやって来ます。涙の分だけたくさん笑えるように、笑顔になれるようがんばっていきたいと思います」と語り、舞台挨拶を終えた。

なお、この映画の主題歌が書き下ろしの新曲「After rain」であることも発表された。この曲の歌唱メンバーはAKB48、SKE48、NMB48、HKT48、JKT48、SNH48からの選抜メンバー21名となっており、リリースについては追ってアナウンスされる。

DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?

2013年2月1日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
配給:東宝映像事業部
企画:秋元康
監督:高橋栄樹
出演:AKB48
オフィシャルサイト:www.2012-akb48.jp
(C)2013「DOCUMENTARY OF AKB48」製作委員会

AKB48「After rain」歌唱メンバー(表記はグループ別50音順)

板野友美 / 大島優子 / 柏木由紀 / 北原里英 / 小嶋陽菜 / 篠田麻里子 / 島崎遥香 / 高橋みなみ / 峯岸みなみ / 横山由依 / 渡辺麻友 / 石田安奈 / 松井珠理奈 / 小谷里歩 / 渡辺美優紀 / 指原莉乃 / 多田愛佳 / 高城亜樹 / 仲川遥香 / 鈴木まりや / 宮澤佐江

※追記(2013.1.21 20:32)
映画主題歌「After rain」の歌唱メンバーが発表されたので、情報を追加しました。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー