音楽ナタリー

バクホン、レンジ、AA=、シナロケがお台場ロック競演

706

SPEEDSTAR RECORDS設立20周年記念イベント「SPEEDSTAR RECORDS 20th Anniversary Live ~LIVE the SPEEDSTAR 20th~」が、昨日1月18日より東京・Zepp DiverCity TOKYOにてスタートした。

計3日間にわたるイベントにはSPEEDSTAR RECORDS所属アーティストや同レーベルと深い縁を持つアーティストたちが勢揃い。初日公演となった昨日は、SHEENA & THE ROKKETSAA=ORANGE RANGETHE BACK HORNというロックアーティスト4組が登場。開演前の前説はUAが担当し、心のこもった言葉で集まったオーディエンスに注意事項を呼びかけた。

イベントのトップバッターを務めたのは、レーベル発足時から在籍するSHEENA & THE ROKKETS。鮎川誠(Vo, G)が奈良敏博(B)と川嶋一秀(Dr)とともに登場し「Oh No I'm Flash ホラフキイナズマ」を鳴らす。貫禄たっぷりの演奏で観客を圧倒すると、鮎川は「今日はSPEEDSTAR RECORDSの20周年を祝いに来てくれてありがとう。SHEENA & THE ROKKETSは20年一緒にやってきてます。ありがとうSPEEDSTAR RECORDS!」と感謝を告げる。さらに「Are you ready to rock?」の掛け声をきっかけに、真っ赤なワンピースと黒のジャケットに身を包んだシーナ(Vo)がステージへ。一気に会場は華やかな空気で包まれ、「You Really Got Me」「HAPPY HOUSE」などの痛快なロックチューンで場内の熱気は高まっていく。シーナは「SPEEDSTAR RECORDSはあったかいハートを持っている、みんなに夢を贈るレコード会社よ」と微笑むと、ミラーボールが回る中で「ユー・メイ・ドリーム」を熱唱した。

続くAA=は「Loser」でライブの幕開けを飾り、「sTEP COde」ではサイレンのようなリフに乗せて、上田剛士(Vo, B, Programming, Produce)が頭を掻きながら怒気に満ちた歌声を響かせる。ステージ前方の観客はもみくちゃになりながら、激しく重いサウンドを全身で浴び、熱狂的な歓声をあげた。上田は「2013年、AA=の初ライブは今日になります。AA=、2013年バージョンです」と口にすると新曲「Lasts」を披露。美しいメロディと突き抜けていくようなサウンドで新バージョンのAA=を提示する。「The Klock」「GREED…」などライブでおなじみのナンバーを投下したあと、上田は15年来の付き合いとなるレーベルへの感謝を告げる。「スタッフのおかげで僕らはステージに立ててます。彼らがいなかったら今の僕はいません。一緒に面白い夢を見ようぜ」と今後もともに歩いていく旨を語った。そしてラストは、昨年末に急逝したPay money To my PainのK(Vo)に捧げるように、彼がボーカルで参加した「We're not alone」をプレイ。曲に込められた力強いメッセージを、AA=はバンドメンバーとともに高らかに歌い上げた。

3番手を務めたORANGE RANGEは1曲目の「おしゃれ番長」から、オーディエンスのハートをガッチリ掌握。RYO(Vo)は「今日はパーティでございます!」と宣言し、HIROKI(Vo)はフロアにウェーブを巻き起こし、フロアに漂うハッピーな空気をさらに強めていく。そしてRYOの「SPEEDSTAR RECORDSが20周年ってことは、今日は成人式みたいなものですよ。今日はお酒ではなく、音楽に酔いましょうか」という言葉をきっかけに、大ヒット曲「上海ハニー」でフロアをさらに盛り上げた。中盤に入るとバンドはSPEEDSTAR RECORDSとタッグを組んで制作されたアルバム「NEO POP STANDARD」より「Restart」「Warning!!」を続けてパフォーマンス。さらに「少し前の曲やっていいですか?」とハードな展開が印象的な「GOD69」と「鬼ゴロシ」を連続投下し、激しい一面を観客に印象付けた。

トリのTHE BACK HORNは事前に告知したとおり、SPEEDSTAR RECORDSに所属するきっかけとなったインディーズ1stアルバム「何処へ行く」を全曲演奏するスペシャルなライブを行った。セットリストもアルバム収録曲順に組まれ、ライブは「ピンクソーダ」からスタートした。山田将司(Vo)は粘つくような艶のある歌声を響かせ、菅波栄純(G)は暴れながらギターをかき鳴らす。「何処へ行く」発売当初はまだメンバーでなかった岡峰光舟(B)も、山田と菅波の暴れっぷりに呼応するように激しいプレイを繰り広げる。松田晋二(Dr)はバンドの屋台骨らしくどっしりしたリズムを刻みながらも、特別なステージに興奮を隠せない様子。MCでは「20周年おめでとうございます。2001年のデビューから13年お世話になってまして。熱いスタッフと続けることができてうれしいです」と述べ、レーベル20周年を記念して「何処へ行く」を再現する上での思いを熱弁した。

当時のライブをほうふつとさせる狂気をにじませた山田のボーカルや、勢いで突っ走るようなバンドサウンドに、オーディエンスは熱狂。最後に山田は「こんな素敵な先輩方がいるレーベルにいられてうれしいです。お互いもっと素敵な年の取り方をしていきたいと思ってます」と語り、声を枯らしながらラストナンバー「何処へ行く」を熱唱した。さらにアンコールでは、松田の「最後にはっちゃけて帰りたいと思います!」という言葉から「無限の荒野」が始まる。ステージが明るく照らされ、観客が拳を突き上げ笑顔で暴れる中、「SPEEDSTAR RECORDS 20th Anniversary Live ~LIVE the SPEEDSTAR 20th~」の初日はフィナーレを迎えた。

SPEEDSTAR RECORDS 20th Anniversary Live ~LIVE the SPEEDSTAR 20th~
2013年1月18日(金)@東京都 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

SHEENA & THE ROKKETS

01. Oh No I'm Flash ホラフキイナズマ
02. You Really Got Me
03. HAPPY HOUSE
04. Lemon Tea
05. ユー・メイ・ドリーム

AA=

01. Loser
02. sTEP COde
03. Lasts
04. The Klock
05. GREED…
06. FREEDOM
07. We're not alone

ORANGE RANGE

01. おしゃれ番長
02. サディスティックサマー
03. 上海ハニー
04. Restart
05. Warning!!
06. GOD69
07. 鬼ゴロシ

THE BACK HORN

01. ピンクソーダ
02. カラス
03. 冬のミルク
04. 魚雷
05. 雨乞い
06. 怪しき雲ゆき
07. 晩秋
08. 何処へ行く
<アンコール>
09. 無限の荒野

※記事初出時、一部アーティスト名の表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー