音楽ナタリー

毛皮のマリーズ、新作アルバム引っさげメジャーデビュー

毛皮のマリーズが4月21日、コロムビアミュージックエンタテインメントよりメジャーデビューアルバム「毛皮のマリーズ」をリリースすることが決定した。

2006年のインディーズデビュー以来、音楽シーンに大きな衝撃を与え続けてきた毛皮のマリーズ。満を持してのメジャーデビューアルバムとなる「毛皮のマリーズ」には、彼らの強烈な個性が詰まった全11曲が収録される。アルバム発売に先駆け、4月7日にはタワーレコード限定シングル「NO MUSIC, NO LIFE」も発売される。

また、5月21日からはアルバムを引っさげた全国ツアー「Restoration Tour 2010」の開催も決定。下北沢SHELTERを皮切りに、札幌ベッシーホール、心斎橋CLUB QUATTRO、名古屋APOLLO THEATER、福岡DRUM SON、仙台enn、LIQUIDROOM ebisuの計7会場を回る。さらに宮城「ARABAKI ROCK FEST.10」や香川「SANUKI ROCK COLOSSEUM」などのライブイベントへの参加も決定しているので、ライブ未体験の人はぜひ足を運んでおこう。

カリスマ的人気を誇るフロントマン志麿遼平は、メジャーデビューに際し「もし我々の音楽や主張に共感を抱いてバンドを始めた少年がいたとして、その子が数年後に『なんだ、ロックだバンドだ言っても結局くだらねぇじゃねぇか』という思いを絶対させてはならないと今私は強く思っています」「 今まで本気で『世界平和』を託されたポピュラー音楽がありましたか? ロックンロールはそれぐらいの器なんだと私はまだ信じています。ロックンロールは全ての願いを叶える魔法の音楽、そして人類の全ての願いが託された文化だと、私は信じています」と音楽にかける情熱を語っている。

音楽ナタリーをフォロー