音楽ナタリー

みかこしバースデーライブで名探偵コマツと推理劇、「コナン」曲も続々披露

864

小松未可子(撮影:森久)

小松未可子(撮影:森久)

小松未可子のバースデーライブ「ハピこし! ライブ2017“名探偵コマツ ~探偵たちの聖誕祭~”」が、11月4日に東京・マイナビBLITZ赤坂にて行われた。

11月11日の小松の誕生日前後に毎年行われている恒例のバースデーライブ。今回は小松が大ファンであるアニメ「名探偵コナン」にちなんだタイトルを冠し、さまざまな演出も取り入れて集まったファンを楽しませた。

ライブのオープニング映像では、小松役のマネキンが楽屋で開演を待つ様子が映し出された。ファンからもらった「願いごとが1つだけ叶うブレスレット」が“白幕”と名乗る犯人に盗まれたことに気付いた小松のもとに、メガネにブレザーの“名探偵コマツ”が現れる。彼は「真実はだいたいひとつ!」という名ゼリフとともに、ライブ会場の中に犯人がいることを小松に示唆した。

フロアが笑いに包まれる中、ステージにはバンドメンバーの黒須克彦(B / Q-MHz)、鈴木浩之(Dr / U&DESIGN、GOLIATH、QUADRANGLE)、今井隼(Key)、新井弘毅(G)が登場する。最後に現れた小松が披露した1曲目は、愛内里菜の「恋はスリル、ショック、サスペンス」のカバー。「名探偵コナン」の主題歌としてもおなじみのこの曲に、ファンのテンションは急上昇した。さらに小松は「HEARTRAIL」「MAGIC RADIO」をステージ狭しと駆け回りながら歌い上げ、会場の一体感を高めていった。

その後は「コナン」主題歌のB'z「ギリギリchop」のカバーで豪快なシャウトを聞かせ、フロアを埋め尽くした赤いサイリウムに照らされた「My sky Red sky」で澄んだ歌声を響かせるなど、さまざまな表情を見せていった小松。バンドメンバーが壮大なサウンドを展開した「真夏の夜のパレード」では深みのあるボーカルで、楽曲の世界を豊かに表現した。

続く映像では、名探偵コマツが「犯人は“おすし”が描かれたものを身に着けている」ことを小松に教え、会場の笑いを誘う。そのあと披露されたのはもちろん「おすしのうた」。かわいらしい歌詞と涼やかな歌声が印象的なこの曲に次いで「Tornado voice」で再び場内の熱気を上げる。TWO-MIX「TRUTH~A Great Detective of Love~」、GARNET CROW「Mysterious Eyes」と、「コナン」主題歌のカバーを連発したあと、スクリーンには犯人からの手紙を読み上げる小松の姿が映った。「来週発売の新曲が聴きたい」という犯人からのメッセージには「リクエストになってるじゃん!」と小松のツッコミが炸裂。ファンは大笑いしながらも新曲の披露に大歓声を上げた。

そして演奏されたのは、11月8日リリースのニューシングル「Swing heart direction」、さらに8月にリリースした「Maybe the next waltz」。アニメ「ボールルームへようこそ」のエンディングテーマを2曲続けてパフォーマンスしてオーディエンスを魅了すると、犯人から謎のアタッシュケースが届いたという映像が流れる。このアタッシュケースに暗証番号として小松の“エンジェルナンバー”を入力すると開けられる、と説明されるとファンから大歓声が上がった。「エンジェルナンバー」のイントロで「みんな、事件の解決に協力してほしいの!」と小松が呼びかけ、間奏ではオーディエンスが小松の煽りに合わせて彼女の誕生日である「1111」を絶叫。見事ケースを開けた小松はブレスレットを取り戻し、うれしそうに腕に装着した。

しかし犯人は誰なのか、なぜブレスレットを狙ったのかは謎のまま。だが小松はここまでの行動から犯人が名探偵コマツであることを解き明かし、ブレスレットを盗んだ理由を問い詰める。コマツの「探偵でも、願い事のひとつくらいあるさ」という言葉に続いては、小松未歩の「願い事ひとつだけ」が披露される。さらに倉木麻衣「Secret of my heart」と、小松が「コナン」の歴代エンディングテーマを続けて歌い、ライブはいよいよ終盤へ。コマツの正体が“怪盗ミッド”であることが明かされ、事件も解決した。アニメさながらのエンドロールが流れる中、小松は本編最後のナンバー「純真エチュード」を歌い、MCなしのまま全20曲を駆け抜けた。

アンコールで小松は「すごい緊張しました、いろいろ(笑)」と、さまざまな演出を織り込んだ本編について語り、「バンドの音の再現、すごくなかったですか? リハで音を聴いた瞬間から感動しました」と、数々のカバー曲を見事な再現力で演奏したバンドメンバーを絶賛した。そして「願い事がひとつだけ叶うブレスレット、返ってきたわけじゃないですか。私の願い事を発表したいと思います!」とブレスレットに叶えてほしかった“願い事”としてツアーの開催を発表し、ファンを大喜びさせた。

バースデーライブを振り返り「小松、16歳になります!(笑) まあこの業界、年齢不詳な方が多いですしね(笑)」と話してファンを笑わせた小松は、アンコール1曲目「my dress code」をパワフルに歌い上げる。そして2曲目ではスペシャルゲストとしてQ-MHzの田淵智也を呼び込み、「Imagine day, Imagine life!」を披露。熱狂のうちに今年のバースデーライブを終えた。最後にステージに残った小松は「来年も音楽活動をバリバリがんばっていきますので、付いてきてください!」とファンに宣言し、笑顔でステージを去っていった。

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
小松未可子「Swing heart direction」インタビュー|「ボールルームへようこそ」の世界を鮮やかに彩る、Q-MHzとの意欲作PR

小松未可子「ハピこし! ライブ2017“名探偵コマツ ~探偵たちの聖誕祭~”」2017年11月4日 マイナビBLITZ赤坂 セットリスト

01. 恋はスリル、ショック、サスペンス
02. HEARTRAIL
03. MAGIC RADIO
04. だから返事はいらない
05. ギリギリchop
06. My sky Red sky
07. short hair EGOIST
08. 真夏の夜のパレード
09. おすしのうた
10. Tornado voice
11. TRUTH ~A Great Detective of Love~
12. Mysterious Eyes
13. Swing heart direction
14. Maybe the next waltz
15. エンジェルナンバー
16. Catch me if you JAZZ
17. Lonely Battle Mode
18. 願い事ひとつだけ
19. Secret of my heart
20. 純真エチュード
<アンコール>
21. my dress code
22. Imagine day, Imagine life!

音楽ナタリーをフォロー