音楽ナタリー

Perfume、半年間のツアーは涙のサプライズで終幕「今日のことは絶対忘れません」

10372

Perfume(撮影:福島啓和)

Perfume(撮影:福島啓和)

Perfumeがドームツアー「Perfume 6th Tour 2016『COSMIC EXPLORER』Dome Edition」の最終公演を昨日11月12日に福岡・福岡ヤフオク!ドームで開催した。

10月からスタートしたこのドームツアーは、5月に開幕し国内のアリーナ会場および北米で実施されたライブツアー「Perfume 6th Tour 2016『COSMIC EXPLORER』」の追加公演として行われたもの。セットリストがアリーナツアーとは大幅に変更されており、アルバム「COSMIC EXPLORER」の世界観を表現するコンセプトは同一ながら、まったく異なる印象のライブが各会場で繰り広げられた。最終日となった11月12日は、半年におよんだ長いツアーの終着点に立ち会うべく、福岡のみならず各地からたくさんのファンが会場に集まった。

開演を待ちわびる観客の手拍子が一段と大きくなったところで会場が暗転。「Navigate」が流れる中、アリーナの中央に設置されたセンターステージのセットが光を放つ。天井に吊られたスクリーンでは、宇宙船を操縦するPerfumeの3人がこれまでのツアーで回った会場をモニターで確かめ、最後に行き先を福岡に設定するというオープニングムービーが流れた。その後、ツアー前半戦においてライブ中盤の見せ場だった「Cosmic Explorer」のパフォーマンスが早くもスタート。SF映画のサントラを思わせる壮大なサウンドに合わせて、宇宙船に見立てた可動ステージの上で3人が凛とした表情で歌い、そのステージはゆっくりとセンターステージへと向かっていく。この間、3人の衣装は曲とリンクして発光。彼女たちがセンターステージに降り立つと、ステージの周囲を囲っていたトラスは花が咲くように天井側に開き、同時にPerfumeは床に沈んで姿を消した。

一瞬の暗転ののち会場に「Pick Me Up! Pick Me Up!」というフレーズが鳴り響き、再びステージに照明が当たると、そこには赤と黒の衣装に早着替えをしたPerfumeの姿が。クールなダンスで3人が「Pick Me Up」を披露すると、会場は一気に興奮に包まれる。続いて彼女たちは、ド派手でアッパーなサウンドにアレンジされた「Cling Cling」でオーディエンスを踊らせ、さらに追い込みをかけるようにアグレッシブなビートに乗せて「ワンルーム・ディスコ」を歌唱。3人のダンスパフォーマンスを魅力的に彩るように、ステージの各所は高くせり上がったり横に動いたりと変幻自在に姿を変え、曲によって異なる印象を観客に与えた。

MCで彼女たちはRKB毎日放送の「チャートバスターズR!」に出演するために福岡にたびたび訪れていた時期のことを振り返り、あ~ちゃんは「高速道路からいつもドームを見てて、福岡のイベンターさんから『あそこに立つのを待ってますよ』って言われてたけど、ドームでやりますとだけは口にできなかった。私たちにとって夢のまた夢の場所でした。このステージに私たちを連れてきてくれたのは、スタッフの方々とファンのみんなです」と感謝の気持ちを吐露。のっちは「福岡は高校生のとき、Perfumeが初めてレギュラーラジオ番組をやらせてもらった街だから思い入れが深いです。そんな場所でツアーファイナルができてすごいうれしい! どうしよう!」と両手を胸に当てて大喜びしていた。また、かしゆかが「実は名古屋公演のあとで髪を10cm切ったんだけど、メンバーもスタッフさんも、ヘアメイクさんでさえ誰一人気付いてくれなかったの」と愚痴をこぼし、それをフォローしようとしたのっちが、かしゆかの背後に回って後ろ髪に頬ずりをするという一幕もあった。

Perfumeのワンマンライブでは、観客をエリアごとにチーム分けしてコール&レスポンスするのが恒例となっているが、今回はヤフオク!ドームのすぐそばのシーサイドももち地区にちなんで、それぞれ「も」「も」「ち」チームに分けられた。その後に披露された「Perfume Medley 2016 Dome Editon」と題したメドレーは、前半は「Relax In The City」「ナチュラルに恋して」「マカロニ」とミドルテンポのナンバーで固め、「透明人間」を皮切りに後半は「Twinkle Snow Powdery Snow」「セラミックガール」「心のスポーツ」「Sweet Refrain」と軽快なポップチューンを連発。このメドレーはアリーナツアーとは異なる選曲で構成されており、次の曲が始まるたびに客席から歓声が沸き上がった。

ライブ中盤、センターステージの全方向を囲むように天井から細長い透過スクリーンが何枚も降りてきて、会場に不穏な音が流れ始めた。そしてスタートしたのは、これまで2007年のワンマンライブや2010年の東京ドーム公演にて形を変えて披露されてきたダンスパフォーマンス「Perfumeの掟」。踊るPerfumeを包むように張られた透過スクリーンが上下に動き、そこにさまざまなポーズを決める3人の3Dモデリング映像が映し出された。このときに使用された楽曲は、本ツアー中に公開されたユニクロ「HEATTECH」のコラボムービーで使用されているBGM。さらにこのパフォーマンスのラストには、かつて彼女たちが「Perfumeの掟」として語った「黒髪、美白、前向き、夢追い人、アイドル」「信じること、信じ合うこと、信じた道を進むこと」「どんな状況もプラスに変える、楽しむ気持ち、妥協しない心」という言葉が一斉に流れ、情報量の多い演出でオーディエンスは圧倒されていく。のちのMCで、あ~ちゃんはこのパフォーマンスについて「6年前の11月3日にやった『Perfumeの掟』を、その6年後の11月3日に名古屋でやれました。初めてやるドームでは『掟』、っていう印象が自分たちの中にあるので、またそれが更新できてうれしい」と語っていた。

観客との一体感を高めるおなじみの「P.T.A.のコーナー」では恒例の「はみがきじょうずかな」を歌ったあとで、メンバーが「歯のCM、決まったよー!」と言って、サンスターのデンタルケアブランド・Ora2(オーラツー)のCMキャラクターに抜擢されたことを改めてファンに報告。途中でスマホアプリ「ポケモンGO」の話になり、のっちが現在レベル25で108種類、あ~ちゃんがレベル25で130数種類、かしゆかがレベル27で140種類集めたことをそれぞれ明かした。その話の流れから彼女たちは、観客と共にイマクニ?の「ポケモン言えるかな?」を歌うことを提案。オーディエンスは両手を振りながら「ラ・ラ・ラ 言えるかな?」というフレーズを合唱した。さらにあ~ちゃんが「BEA(九州のイベンター)の人が言ってたんだけど、百道はすごいレアなポケモンが出るらしいよ?」と噂話をし始めたところ、そのレアポケモン「Perfume」がスクリーンに登場。Perfumeのデビュー記念日が9月21日であることにちなんでCPが921に設定されたそのレアポケモンを、3人はスクリーン内でモンスターボールを投げて捕獲した。さらに「P.T.A.のコーナー」は続き、あ~ちゃんがこの日のために考えてきたという“福岡のダンス”を観客も一緒に踊ることに。彼女に導かれながら、オーディエンスも「ラーメン」「バリカタ」「明太子」「福岡タワー」という4種類の形態模写ダンスを楽しんだ。

たっぷりと行われた「P.T.A.のコーナー」で観客の一体感が高まったところで彼女たちは、「FAKE IT」「エレクトロ・ワールド」「Party Maker」「だいじょばない」と怒涛のようにキラーチューンを連発。攻撃的なダンスビートが空気を震わせる中、3人は高くせり上がったステージの上でダンスを繰り広げ、会場はたちまち興奮と熱気で満たされた。さらに彼女たちはテンションをゆるめることなく、ラストスパートをかけるように「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」「チョコレイト・ディスコ」を歌唱した。

最後の曲に入る前に、彼女たちは来場者に向けて語り始めた。かしゆかは「春から始まったツアーが今日で終わってしまうと思うと、本当にさみしい。こんなにやってて楽しいツアーはなかったと思います。最終日をこうやって楽しく幸せに迎えられたことが本当にうれしいです」とコメント。これを受けてのっちも「かしゆかが言うとおり本当にずっと楽しかったし、楽しい中にも自分たちが成長できることがたくさんあって、本当に実のあるツアーだったと思います」と振り返った。そしてあ~ちゃんは「たくさんの人に背中を押されて北米ツアーに行ってきましたけど、自分たちが想像するよりもっともっと厳しくて、まだまだだなって、悔しい思いをたくさんしました」と告白。さらに客席を見渡して「こんなに観たいと思ってくれる人がいてくれる幸せ、本当に噛み締めながらやらせてもらいました。今ここに私たちがいるのは本当に皆さまのおかげです。まだこれからも私たちは続いていくので、どうかこれからも応援よろしくお願いいたします」と、目に涙を浮かべながら話した。

ラストの「STAR TRAIN」が始まると、その歌の意味を改めてしっかり観客に届けるかのように、曲に合わせて透過スクリーンに歌詞が浮かび上がる。曲の終わりに3人が向き合って歌っているときに、オーディエンスは入場時にスタッフから配布されたサイリウムを一気に点灯。客席が白い光に包まれるという突然のサプライズに3人は驚き、その美しい光景に見入っていた。あ~ちゃんは「すごいきれい……うれしい……」と言いながら涙を流し、「今日のことは絶対忘れません。苦手な撮影とかも、このことを思い出してがんばります。みんなも年末は提出物とかいろいろ大変だと思いますが、今日を思い出して乗り越えてください」とコメント。来場者に手を振りながらステージを去るPerfumeを映しながら、スクリーンにスタッフロールが流れ、約半年に及んだ大規模なツアーは終幕した。

「Perfume 6th Tour 2016『COSMIC EXPLORER』Dome Edition」2016年11月12日 福岡県 福岡ヤフオク!ドーム セットリスト

01. Cosmic Explorer
02. Pick Me Up
03. Cling Cling
04. ワンルーム・ディスコ
05. Next Stage with YOU
06. Perfume Medley2016 Dome Edition
(Relax In The City~ナチュラルに恋して~マカロニ~透明人間~Twinkle Snow Powdery Snow~セラミックガール~心のスポーツ~Sweet Refrain)
07. Baby Face
08. Perfumeの掟 2016
09. FLASH
10. Miracle Worker
「P.T.A.」のコーナー
11. FAKE IT
12. エレクトロ・ワールド
13. Party Maker
14. だいじょばない
15. パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
16. チョコレイト・ディスコ
17. STAR TRAIN

音楽ナタリーをフォロー