音楽ナタリー

「生きる力をもらいました」稲葉浩志“enIII”武道館公演、大団円で終幕

2621

稲葉浩志(写真提供:VERMILLION RECORDS)

稲葉浩志(写真提供:VERMILLION RECORDS)

稲葉浩志の全国ツアー「Koshi Inaba LIVE 2016 ~enIII~」のファイナル公演が昨日3月6日に東京・日本武道館で開催された。

全15公演が実施された今回のツアー。東京公演は武道館3DAYSという形で行われ、各日多くのファンが会場に詰めかけた。

開演時刻になるとバックバンドの演奏とともに稲葉がステージに登場し、「Saturday」でライブをスタートさせる。続く「oh my love」では稲葉がブルースハープの演奏を披露し、観客を煽っていった。

「Okay」ののち、稲葉は「感謝の気持ちをいっぱい込めて、我々一丸となって演奏していくので、ゆっくりたっぷり、楽しんでいってください!」と語った。「くちびる」ではサングラスをかけステージ前方のカメラに顔を向けて歌い出すと、スクリーンにはその様子が投影される。カメラ目線で歌う彼の姿にオーディエンスは歓声を上げた。

「念書」を歌いきったあとで稲葉は、「10点満点で今は7ぐらい盛り上がっているとしますよね? そうするとあとの3はですね、これはもう、仕事だと思ってですね……」とコミカルな語り口で、さらに盛り上がるよう催促する。その後「今宵キミト」ではステージ上を縦横無尽に走り、アクティブなパフォーマンスで客席を沸かせた。

ライブ後半ではバラード曲「BLEED」「水路」を力強く歌い上げつつ、「Symphony #9」「Receive You [Reborn]」といったアップテンポなナンバーも次々と披露。「SAIHATE HOTEL」ではオーディエンスとのコール&レスポンスを何度も行い、ハイテンションな観客の様子に「素晴らしいです!」とうれしそうに語った。そして稲葉は「一緒に羽ばたこうじゃありませんか!」と宣言し、最新シングル曲「羽」で本編を終えた。

アンコールの「風船」ではアコースティックギターを弾きつつ、柔らかな歌声を会場に響かせる。また「遠くまで」では、照明が点けられた客席をゆっくりと眺めていった。そしてこの日最後の楽曲「愛なき道」の演奏を終えると、彼は「皆さんから生きる力をいっぱいもらいました。本当にどうもありがとう! また会いましょう!」とファンに再会を約束し、ツアーを締めくくった。

稲葉浩志「Koshi Inaba LIVE 2016 ~enIII~」2016年3月6日 日本武道館 セットリスト

01. Saturday
02. oh my love
03. Okay
04. photograph
05. くちびる
06. GO
07. 水平線
08. I AM YOUR BABY
09. 念書
10. 今宵キミト
11. ハズムセカイ
12. Seno de Revolution
13. BLEED
14. 水路
15. Symphony #9
16. Receive You [Reborn]
17. SAIHATE HOTEL
18. 正面衝突
19. Here I am!!
20. 羽
<アンコール>
21. 風船
22. 遠くまで
23. 愛なき道

音楽ナタリーをフォロー