音楽ナタリー

青山テルマ前作の“女性版”発表、コンセプト作2枚アルバム化

57

青山テルマ

青山テルマ

青山テルマがミニアルバム「PINK TEARS」を4月27日に発売することが決定した。

「PINK TEARS」は、2015年9月に発表したコンセプトミニアルバム「GRAY SMOKE」の続編にあたる作品。「GRAY SMOKE」が、清水翔太、Kj、SWAY(DOBERMAN INFINITY)、ANARCHYなどの男性アーティストとの共同作業で作り上げられた作品であるのに対して、今作はフィーチャリングや作詞作曲の共作、ビジュアルワークなどで女性アーティストとコラボし、女性のさまざまな“涙”を表現した1枚となる。コラボ相手には現時点で14歳のファッショニスタ・MAPPY、コラムニストのLiLyが発表されている。

また「PINK TEARS」と「GRAY SMOKE」をコンパイルしたアルバム「SMOKE & TEARS」、コンピレーションアルバム「LOVE! ~SPECIAL~」も同時発売。「LOVE! ~SPECIAL~」はテルマのコンピ「LOVE!」シリーズ2作品から特に人気のある楽曲に加え、「LOVE!2 -THELMA BEST COLLABORATIONS-」以降にテルマが客演したコラボ楽曲とラブソングを加えたベスト的内容を、高音質のUHQCDに収めたものだ。

青山テルマ コメント

今回のアルバム「PINK TEARS」は女性の涙がテーマです。色んな場面で色んな意味を持つ「涙」。悔し涙、嬉し涙、様々な涙を流しながら生きている女性の心に届く様な作品を作りたいと思いました。どんな時でもあなたのミカタで居てくれる様な、いつでも寄り添えるようなアルバムになればと思っています。

音楽ナタリーをフォロー