音楽ナタリー

AKB48チームA、5年半ぶりの新公演開幕「自分たちらしいチームAに」

349

「M.T.に捧ぐ」歌唱の様子。

「M.T.に捧ぐ」歌唱の様子。

AKB48チームAの新公演「M.T.に捧ぐ」の公開ゲネプロが、本日2月10日に東京・AKB48劇場にて行われた。

チームAが新公演を実施するのは2010年7月の「目撃者」公演以来、およそ5年6カ月ぶり。ゲネプロでは、チームのキャプテン・横山由依を筆頭に18人のメンバーがステージに立ち、緊張した表情を見せながらも本番さながらの動きぶりを披露した。

ライブのオープニングでは、横山が拡声器を使ってMCを展開。彼女が「AKB48横山チームAがここに新公演再開を宣言する。いくぞー!」と気合いを入れると、チームAのメンバーは新曲「始まる。」からライブを勢いよくスタートさせた。1曲歌い終えるとメンバーは素早く衣装を変え、ダンスチューン「Prime time」のパフォーマンスへ。ステージのせりが上下に動く中、彼女たちはフォーメーションを変えながら歌と踊りを客席へと届けていた。

ライブ中盤のユニットコーナーでは、小嶋陽菜と島崎遥香が「リスケ」でデュエットを披露。2人は時折目配せをしながら、しっとりと同曲を歌い上げた。宮崎美穂がセンターを務めた「負け男」では、岩田華怜が男装してパフォーマンスを繰り広げる。また宮脇咲良が王道のアイドルソング「夢でKiss me!」を、横山がバラード曲「月と水鏡」をソロで歌唱した。さらにMCでは宮崎がチームのメンバーに質問するコーナーや、メンバー対抗でどちらのトークが面白かったか勝敗を決めるMC対決を繰り広げるなど、趣向を凝らした内容でオーディエンスを楽しませていた。

公演のタイトル曲である「M.T.に捧ぐ」の歌唱前には、横山が「M.T.(高橋みなみ)の情熱を風化させることなく、これからもっと前に進んでいきたいと思います。どこかで観てくれているであろうM.T.のことを思って歌わせてください」と話す。パフォーマンス中には、ステージ中央のスクリーンに高橋の映像が映し出され、それぞれのメンバーはスクリーンにも目を送りながら同曲をしっかりと歌い上げ、公演の本編を終えた。

またアンコールで金色の派手な衣装で登場したチームAのメンバーは「ショーは終わらない」「ウィンクの銃弾」「涙はいつの日か」の3曲を歌唱。最後に横山は「自分たちらしいAKB48チームAができるように、これから1公演ずつを大切にしていきたいと思います」と挨拶し、この日の公開ゲネプロを終了させた。

AKB48チームA「M.T.に捧ぐ」
2016年2月10日(水) AKB48劇場 セットリスト

01. 始まる。
02. Prime time
03. 探してあげる
04. ラベンダーフィールド
05. リスケ(小嶋陽菜・島崎遥香)
06. 制服ビキニ(大和田南那・樋渡結依・山田菜々美)
07. She's gone(入山杏奈・白間美瑠・谷口めぐ・佐々木優佳里)
08. 夢でKiss me!(宮脇咲良)
09. 負け男(宮崎美穂・中西智代梨・小笠原茉由・大家志津香・中村麻里子)
10. 月と水鏡(横山由依)
11. 門前仲町ダンス
12. 今夜、グロリアは誰に抱かれる?
13. コピー&ペースト
14. M.T.に捧ぐ
<アンコール>
15. ショーは終わらない
16. ウィンクの銃弾
17. 涙はいつの日か

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】