音楽ナタリー

大森靖子、黒木渚、GLIM SPANKYが観客魅了したリキッド公演

690

大森靖子(撮影: 釘野孝宏)

大森靖子(撮影: 釘野孝宏)

スペースシャワーTV主催のライブイベント「SPACE SHOWER 3rd PLACE vol.4」が1月26日に東京・LIQUIDROOMで開催された。

このライブには女性ボーカルという共通点を持つ大森靖子、黒木渚、GLIM SPANKYの3組が出演した。深紅のカーテンをバックに現れたのはGLIM SPANKY。1曲目の「ワイルド・サイドを行け」では松尾レミ(Vo, G)のハスキーで伸びやかな歌声が広がり、亀本寛貴(G)の金色のレスポールが唸る。「サンライズジャーニー」では松尾がエモーショナルなギターサウンドを響かせた。そしてバンドはラストに等身大の自分を歌ったという「大人になったら」を披露し、ステージをあとにした。

黒木渚は「40分間だけ、あなたの本命にしてください」という一言を放ち、「君が私をダメにする」「枕詞」などを丁寧に届けていく。「フラフープ」ではタオルを振り回して観客をヒートアップさせ、「アーモンド」では情感たっぷりの歌声を披露し観客を釘付けにした。

サウンドチェックで平井堅「POP STAR」、レミオロメン「粉雪」を熱唱した大森靖子は、「呪いは水色」でライブを開始。ピエール中野(凛として時雨)、直枝政広(カーネーション)らサポートメンバーによるグルーヴィな演奏に存在感のある歌声を乗せ、フロアを一気に熱くさせた。その後彼女は「さっちゃんのセクシーカレー」の歌詞を朗読し、「ミッドナイト清純異性交遊」では客席にダイブし、オーディエンスの頭上で熱唱した。アンコールで「絶対彼女」を弾き語った大森は、サビでファンにシンガロングを煽る。そして観客の歌声について「(今日の男性客の歌声は)ガチ恋系じゃなくて見守り系ですね」と感想を述べて満足げな笑顔を見せたあと、「君と映画」でライブを締めくくった。なおこのライブの様子はスペースシャワーTVにて、2月25日(木)23:00から放送される。

「SPACE SHOWER 3rd PLACE vol.4」
2016年1月26日 LIQUIDROOM セットリスト

GLIM SPANKY

01. ワイルド・サイドを行け
02. 褒めろよ
03. リアル鬼ごっこ
04. 夜明けのフォーク
05. サンライズジャーニー
06. NEXT ONE
07. 大人になったら

黒木渚

01. 虎視眈々と淡々と
02. 君が私をダメにする
03. 枕詞
04. 大予言
05. フラフープ
06. 革命
07. アーモンド

大森靖子

01. 呪いは水色
02. マジックミラー
03. 愛してる.com
04. 生kill the time 4 you、、▽
05. さっちゃんのセクシーカレー(朗読)
06. 焼肉デート
07. イミテーションガール
08. きゅるきゅる
09. ミッドナイト清純異性交遊
10. TOKYO BLACK HOLE
<アンコール>
11. 絶対彼女
12. 君と映画

スペースシャワーTV「SPACE SHOWER 3rd Place vol.4」

2016年2月25日(木)23:00~24:00
2016年3月5日(土)25:30~26:30 ※リピート放送
2016年3月27日(日)26:00~27:00 ※リピート放送

※▽はハートマークが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー