音楽ナタリー

Kiroroの名曲がピクサー最新作日本版エンドソングに採用、7年ぶり新作も

257

Kiroro

Kiroro

Kiroroの代表曲「Best Friend」の新録バージョンが3月12日より公開されるディズニー / ピクサー映画「アーロと少年」の日本版エンドソングに決定。この楽曲を含むベストアルバム「子供といっしょにききたいキロロのうた」が3月9日にリリースされる。

「アーロと少年」は川に流されて見知らぬ土地で目覚めた恐竜のアーロが人間の少年スポットと出会い、アーロの家族を探す冒険の旅に出るというストーリーの作品。「Best Friend」を日本版エンドソングに採用した理由について、ディズニーのスタッフは「『Best Friend』の歌詞が、まさに、アーロに寄り添い、彼を優しく見守り続ける少年スポットと、力を合わせ前に進んでいく2人の絆を歌っているのではと感じました」とコメントしている。

「Mother Earth Version」というサブタイトルが冠された新録バージョンの「Best Friend」は、Kiroroとしては約7年ぶりの作品となる「子供といっしょにききたいキロロのうた」の1曲目に収められる。このアルバムは沖縄で3人ずつ子供を持つKiroroの2人が子供に聴かせたい、子どもと一緒に歌いたい楽曲をセレクトして作られたもので、「幸せの種 ~Winter version~」「みんなあなたを愛してる」といったシングル曲やボーナストラックとなる新録音源「おやすみのうた」など11曲が収録される。

玉城千春 コメント

「アーロと少年」の日本版エンドソングに決まって、とても光栄です。ディズニー / ピクサー映画で私たちの音楽が流れるなんて、自分の子ども達もびっくりすると思います!
“Best Friend”ができたとき、私は喉を痛め、歌えなくなりました。心が折れ、毎日が苦しかったのを覚えています。声がでなくてもあなたらしく想いを伝えられればいいと、いつもとなりで綾やマネージャーが励ましてくれました。あれからもう15年。Kiroroは子供を産み、育てながら、また歌い始めました。何か人生の壁にぶち当たったとき、1人じゃないんだと感じた時、今まで以上の力がでたりすることがあります。
この映画を通して、恐怖心や自分の弱さにもう一度向き合ってみようと、もうすぐ40才になる私が感じています。これから先色々あるけれど、乗り越える力は、皆持っているということ、そして、そのあと見える景色はきっとすばらしいんだと、この映画を通して自分の心で感じてほしいと思います。誰かと一緒なら、その力はもっと強くなるはず。そんな誰かと、素敵な景色を見れますように。

金城綾乃 コメント

私自身もたくさんのディズニー / ピクサー映画やディズニー映画で育ちました。子ども達ももちろん大好きで、長女とは「インサイド・ヘッド」を見に行き、語り合うことが出来て嬉しかったですし、下の男の子2人も映画から様々なことを学んでいます! だから今回「アーロと少年」の日本版エンドソングに決まったことは本当に嬉しいですし、この作品が世界中日本中のみんなの心を、ホクホクしてくれると思うとワクワクとドキドキがとまりません♪ 主人公のアーロが冒険という経験を通して強くたくましくなっていく姿に自分の子どもたちを重ね合わせ、泣いてしまいました!
私たちもお互いに支え合って今日があります。この作品を観て共に乗り越えてきた日々を思い出しました。
今回、映画を見て作品の中の豊かで美しい地球の自然風景からのイメージと、私達も母となり、15年ぶりに「Best Friend」を新たにレコーディングしたので、“Best Friend ~Mother Earth Version~”というタイトルをつけました! 映画「アーロと少年」は、映像や音楽もキャラクターのひとつとして描かれるということで、映画の世界観に合うアレンジ、仕上がりになったと思います。「アーロと少年」に寄り添い、日本中の大人や子どもたちの心に届くように想いを込めて演奏します!

Kiroro「子供といっしょにききたいキロロのうた」収録曲

01. Best Friend ~Mother Earth Version~
02. 幸せの種 ~Winter version~
03. 未来へ
04. 月の夜
05. 紅芋娘
06. Wonderful Day
07. 僕らのメッセージ
08. みんなあなたを愛してる
09. 生きてこそ
10. 僕らはヒーロー
11. おやすみのうた

音楽ナタリーをフォロー