音楽ナタリー

ももクロ、“リアル”ドラゴンボールキャラに扮して映画館に見参

670

映画「ドラゴンボールZ 復活の『F』」初日舞台あいさつの様子。(c)バードスタジオ / 集英社 (c)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会

映画「ドラゴンボールZ 復活の『F』」初日舞台あいさつの様子。(c)バードスタジオ / 集英社 (c)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会

本日4月18日、東京・新宿バルト9にてアニメ映画「ドラゴンボールZ 復活の『F』」の初日舞台挨拶が行われ、主題歌「『Z』の誓い」を歌うももいろクローバーZが登壇した。

舞台挨拶にはももクロのほか、映画で孫悟空および孫悟飯の声を務める野沢雅子、ベジータ役の堀川りょう、亀仙人役の佐藤正治、ジャコ役の花江夏樹、山室直儀監督、孫悟空とベジータの着ぐるみが参加。ももクロの5人は「『Z』の誓い」のミュージックビデオの中で着用している「ドラゴンボール」のキャラクターに扮して現れ、観客の視線を釘付けにした。

各メンバーの男前なコスプレに観客は大興奮。司会者に「どうですか、その衣装は?」と尋ねられた百田夏菜子は、「主題歌が『ドラゴンボール』キャラクターの後輩目線の歌で、私たちが『ドラゴンボール』の世界に入ったらという設定で衣装を作っていただきました」と述べ、自身は悟空、玉井詩織はベジータ、高城れにはピッコロ、佐々木彩夏はブルマとトランクス、有安杏果は餃子の“弟子”に扮していることを説明する。そして楽曲については、メンバーが“先輩”悟空へのメッセージやお茶目な歌詞が盛り込まれていると口々に語った。また「『Z』の誓い」のミュージックビデオの内容についても言及し、高城が「フリーザバージョンとZ戦士バージョンの両方の振り付けを入れています」と述べると、有安が「(MVの中で)みんなが順番にZ戦士からフリーザになっていって。(ももクロの曲では)サビの振り付けはいつもはみんな同じなんですけど、今回はみんなバラバラで最後に同じになるという今までにない新しい形になってます」と解説した。

野沢は後輩たちを前に目を細め、「カワイイ!」と絶賛。一方で「私たちカワイイなんて言葉かけられたことないですよ」とうらやましがる一幕も。すると客席から「カワイイー!」という声があがり、場内は温かな笑いで包まれた。

さらに舞台挨拶の最後には「ドラゴンボールZ 復活の『F』」が、世界74の国と地域での上映が決定した旨がスクリーンで発表され、劇場は祝福ムードでいっぱいに。野沢は「びっくり! 74ですよ。さらに増やしましょう。興奮しますよ」と意気込み、堀川も「快挙としか言いようがないですね。うれしさでいっぱいです」と喜びをあらわにした。

音楽ナタリーをフォロー