音楽ナタリー

矢野フェス初日はコラボ満載&あの衝撃が再び

424

前回より200円プライスダウンした矢野水をPRをする南波志帆。

前回より200円プライスダウンした矢野水をPRをする南波志帆。

音楽プロデューサーでドラマーの矢野博康がプロデュースするライブイベント「YANO MUSIC FESTIVAL 2014」が、9月13、14日に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールで開催された。

ユニークな演出と豪華出演陣によるコラボレーションで人気を集める「矢野フェス」。4度目の開催となる今回は2日間で総勢10組のアーティストが登場し、単独のパフォーマンスから矢野フェスならではのコラボまで、にぎやかなステージを繰り広げた。このレポートでは1日目の模様をお届けする。

「YANO MUSIC FESTIVAL 2014」初日の幕開けを飾ったのは、自称「矢野フェス永遠のオープニングアクト」南波志帆。松江潤(G)、須藤優(B / ARDBECK、U&DESIGN)、 小松シゲル(Dr / NONA REEVES)、伊澤一葉(Key / the HIATUS、あっぱ)という強力な布陣からなる“矢野フェスバンド”の演奏をバックに「髪を切る8の理由。」「セプテンバー」「カノープス」の3曲を歌い、矢野フェス名物「矢野水」が昨年より200円プライスダウンしたこと、冷やして販売されるようになったことをPRして会場を和ませた。南波が捌けると場内は暗転し、荘厳な雰囲気のBGMに合わせてレーザービームが客席へと放たれる。明かりがつくとそこにはハンドベルが並べられた机と白装束の矢野の姿が。矢野は無言でハンドベルを手に取り、華麗なハンドベルさばきで「もののけ姫」を演奏してみせた。矢野が退場し、入れ替わるようにしてチアガールたちが現れると、矢野フェスバンドは陽気に「矢野ミュージックフェスティバルのテーマ」を弾き始める。そしてタキシードに着替えた矢野が自身の肖像画の真下に現れ、チアガールたちと満面の笑みでダンスを披露した。

オープニングテーマが終了したところで恒例のマイクリレーがスタート。矢野は秦基博の「キミ、メグル、ボク」、秦は南波志帆の「髪を切る8の理由。」、南波はバカリズムとともにtofubeatsの「Don't Stop The Music」と、往年の音楽番組「夜のヒットスタジオ」を彷彿とさせるリレーで続々とステージへ。さらにtofubeats、Negiccolyrical schoolの3組による土岐麻子「Gift ~あなたはマドンナ~」、土岐による堀込泰行のキリンジ時代のナンバー「風を撃て」と続き、最後に登場した泰行が「風を撃て」の1番を歌い切ったところでこの日の全出演者が出揃った。

昨年同様、最後にマイクを手にした泰行がそのままトップバッターを務め、「Jubilee」で爽快にライブをスタートさせる。泰行はさらに「カメレオンガール」や「クレイジーサマー」など過ぎ去った夏を惜しむようなナンバーを次々と披露。一呼吸を置いてから泰行は「今日のために新曲を作ってきました」と話し、「最後の週末」をバンドアンサンブルに乗せて会場中に届けると出番を終えた。次にステージに現れたのは、矢野フェス初参加のtofubeats。初挑戦となるバンドセットでのライブは「No.1」でスタートし、NegiccoのKaedeとNao☆を呼び込んでの「Don't Stop The Music」、Meguとの「水星」のデュエットで会場を沸かせた。その後、南波をボーカルに迎えての「LOST DECADE」に突入すると、tofubeatsはウィンドシンセサイザーで演奏に参加。続くlyrical schoolは「プチャヘンザ!」を元気いっぱいにパフォーマンスして観客を大いに盛り上がらせた。最後にtofubeatsは客席からのハンドクラップを浴びながらNegiccoの3人と「ディスコの神様」を歌い出す。バンドは同曲をNegiccoの「相思相愛」とマッシュアップしてオーディエンスを驚かせ、再び「ディスコの神様」に戻るとlyrical schoolと南波、さらにはチアガールたちも舞台に登場。10人は「ディスコの神様」を合唱して華やかにtofubeatsのステージを締めくくった。

続く「コラボレーションコーナー」の1番手は、バカリズムと土岐麻子の仲良しコンビ。サングラスをかけたバカリズムはバイオリンを手に登場したが最後まで弾くことはなく、自身が作詞したオリジナルナンバー「僕の気持ち」を堂島孝平が手がけたのトラックに乗せて歌唱した。CHAGE and ASKAを意識して制作されたというバラードを土岐の美しいコーラスとともに朗々と歌うバカリズム。昨年「AVを見た本数は経験人数に入れてもいい」というオリジナルソングを歌い観客に衝撃を与えたバカリズムは今回「男は女が思っているほど 女の浴衣は好きじゃない」「男は下着のかわいい かわいくないは 女が思うほど興味ない」という“僕の気持ち”を表現した楽曲で微妙な笑いを巻き起こした。バカリズムのコーラスという役目を終えた土岐は秦と「ロンリーチャップリン」、泰行と「夏のお嬢さん」をデュエット。コラボレーションコーナーの締めくくりは秦と泰行のペアで、2人はキリンジの名曲「スウィートソウル」をさわやかに届けた。

土岐は「トーキョー・ドライブ」と「僕は愛を語れない」の2曲でチャーミングな歌声を響かせたあと、熊本民謡「おてもやん」のバンドアレンジバージョンを披露。グルーヴィなサウンドとこぶしの効いたフレーズで会場を揺らした。トリの秦がセッティングしている間には、バカリズム、土岐、南波によるグッズ紹介コーナーも。南波は矢野水の効能として「飲むと目が大きくなる」とプレゼンし観客を驚かせた。3人のコントのようなグッズ紹介を経て、いよいよ秦へとバトンが渡される。矢野がこの日唯一ドラムをプレイした秦のステージでは「鱗(うろこ)」や「花咲きポプラ」など軽快なリズムが印象的な楽曲が中心に届けられた。秦は「矢野水を3本飲んでるんです。だから今日はそうとう目が大きいです」と観客を笑わせ、和やかなムードを作り出していく。本編ラストを飾ったのは「ひまわりの約束」。映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌として話題を集めているセンチメンタルなナンバーをオーディエンスへと贈り、秦と矢野フェスバンドはステージをあとにした。

アンコールではBay City Rollers「SATURDAY NIGHT」の矢野フェススペシャルバージョンを全出演者で熱唱。竹中夏海が振りつけたキュートなダンスを踊りながら「Y! A! N! O! YANO FES! NIGHT!」という大合唱を巻き起こし、矢野フェス1日目は大盛況のうちに幕を下ろした。

YANO MUSIC FESTIVAL 2014
2014年9月13日 恵比寿ザ・ガーデンホール セットリスト

南波志帆(オープニングアクト)

01. 髪を切る8の理由。
02. セプテンバー
03. カノープス

オープニング

01. OVERTURE~もののけ姫
02. 矢野ミュージックフェスティバルのテーマ
03. メドレー
矢野博康「キミ、メグル、ボク」
秦基博「髪を切る8の理由。」
南波志帆×バカリズム「Don't Stop The Music」
tofubeatsNegiccolyrical school「Gift ~あなたはマドンナ~」
土岐麻子「風を撃て」
堀込泰行「風を撃て」

堀込泰行

01. Jubilee
02. Wah Wah Wah
03. カメレオンガール
04. ビリー
05. クレイジーサマー
06. 最後の週末

tofubeats

01. No.1
02. Don't Stop The Music / tofubeats+Kaede & Nao☆(Negicco)
03. 水星 / tofubeats+Megu(Negicco)
04. LOST DECADE / tofubeats+南波志帆
05. プチャヘンザ! / tofubeats+lyrical school
06. ディスコの神様~相思相愛~ディスコの神様 / tofubeats+Negicco、lyrical school、南波志帆

コラボレーション

01. 僕の気持ち / バカリズム+土岐麻子
02. ロンリーチャップリン / 秦基博+土岐麻子
03. 夏のお嬢さん / 土岐麻子+堀込泰行
04. スウィートソウル / 秦基博+堀込泰行

土岐麻子

01. トーキョー・ドライブ
02. 僕は愛を語れない
03. おてもやん

秦基博

01. 鱗(うろこ)
02. グッバイ・アイザック
03. 花咲きポプラ
04. キミ、メグル、ボク
05. ひまわりの約束

エンディング

01. SATURDAY NIGHT

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】