音楽ナタリー

渡辺美優紀“無欲”の勝利「最高のプレゼント」

292

同じNMB48メンバーの小谷里歩と山本彩に祝福される渡辺美優紀。 (c)AKS

同じNMB48メンバーの小谷里歩と山本彩に祝福される渡辺美優紀。 (c)AKS

昨日9月17日に東京・日本武道館にてAKB48グループ恒例のイベント「AKB48グループ じゃんけん大会 2014 ~拳で勝ち取れ!1/300 ソロデビュー争奪戦~」が開催された。

グループメンバー総勢300人によって予備戦から行われた今年のじゃんけん大会。今回はシングルのセンターポジションではなく勝者にはソロデビューの権利が与えられるということで、本戦に進んだ112人によって熾烈なじゃんけん勝負が繰り広げられた。

まずはAからHの8ブロックごとに各2名の勝者を選出。Aブロックからは川本紗矢(AKB48チームB)、柏木由紀(AKB48チームB、NMB48チームN)、Bブロックからは東由樹(NMB48チームM)、大和田南那(AKB48チームB)、Cブロックからは荒井優希(SKE48チームKII)、小嶋陽菜(AKB48チームA)、Dブロックからは朝長美桜(HKT48チームKIV、AKB48チームB)、宮崎美穂(AKB48チームK)、Eブロックからは岡田奈々(AKB48チーム4)、岩立沙穂(AKB48チーム4)、Fブロックからは佐藤妃星(AKB48チーム4)、永尾まりや(AKB48チームK)、Gブロックからは中西智代梨(AKB48チームA)、小谷里歩(NMB48チームN、AKB48チーム4)、Hブロックからは内田眞由美(AKB48チームK)、渡辺美優紀(NMB48チームBII、SKE48チームS)が勝ち上がり、ベスト16が決まった。

その中でもAブロックの1回戦、高橋みなみと山本彩の勝負は双方“東京”と“大阪”の看板を背負った“勝負コスプレ”が被るというまさかの展開に。気合いで上回った山本が勝利を収めるが、3回戦の柏木に早くも敗れるという展開で会場を大いに盛り上げた。またCブロックの1回戦では生駒里奈(乃木坂46、AKB48チームB)に対抗すべく小嶋陽菜が乃木坂46の川後陽菜、永島聖羅、斉藤優里、中田花奈の4人を引き連れ“こじ坂46”という謎の軍団を結成。仲間のまさかの裏切りに呆然と立ち尽くす生駒は、そのまま小嶋の勢いに押され敗北してしまう。勝負に負けた生駒はそのまま“こじ坂46”の一員となり、その後も小嶋を応援し続けた。

Dブロックで台風の目となったのは、過去のじゃんけん大会で1度も勝利したことのなかった宮崎美穂。宮崎は今まで勝てなかったのが嘘のように次々と勝利を収め、ファンのみならず苦楽を共にしてきたメンバーからも祝福を集めた。またHブロックでは初代じゃんけん女王・内田眞由美が1回戦から静かに勝ち進み不敵な笑みを見せる。その快進撃を止めたのは「今回は無欲でいく」と宣言した渡辺美優紀。「焼肉屋始めました」という札を貼り、岩のコスプレで挑んだ強運の初代女王に対して渡辺は笑顔を見せながら見事勝利を決めた。

そしてベスト16から各ブロックの代表同士で勝負を行い、準決勝は川本vs小嶋、岩立vs渡辺というカードに。この勝負に小嶋と渡辺が勝ち上がり、ソロデビューを決める決勝戦は選抜常連の2人によって繰り広げられた。小嶋と渡辺は最初の手でお互いグーを出しさらに火花を散らすも、2手目で渡辺が同じくグーを出し、小島を破って栄えあるじゃんけん女王に輝いた。

NMB48メンバーからの初じゃんけん女王ということで、グループ立ち上げ時からお互いを支え続けてきた山本と小谷もステージに駆けつけ渡辺の勝利を祝う。小谷は「夢を見ているようです。私もうれしい」と喜びを語り、山本も「びっくりした! 私も無欲で応援してました!」とコメントした。渡辺は「みんなに笑顔を届けられるようにがんばります!」と意気込みを語り“みるきースマイル”を会場に振りまいた。

ここで大会の総括を高橋みなみが語ろうとするが、突然サプライズとして38thシングルの概要がアナウンスされる。このシングルのセンターは渡辺麻友と宮脇咲良のダブルセンターであることが伝えられると、宮脇は肩を震わせながら喜びを表した。さらに今回の選抜メンバーには白間美瑠(NMB48チームM)、川本紗矢(AKB48チームB)、森保まどか(HKT48チームKIV)、武藤十夢(AKB48チームA)、向井地美音(AKB48チーム4)、大島涼花(AKB48チームB)、中野郁海(AKB48チーム8)という7人が初選抜されファンを驚かせた。ダブルセンターに選ばれた渡辺は「今回選抜メンバーがガラリと変わって次の時代を担う若手メンバーがたくさん入ってきました。そしてダブルセンターに選ばれた宮脇咲良ちゃんと一緒に新しいAKB48を作り上げていきたいと思います。咲良ちゃんは選ばれるべくして選ばれたセンターだと思います」と宮脇とのダブルセンターを喜んだ。そして宮脇も「まだ気持ちの整理できていないんですけど最初に聞いたときにはセンターに立ったことがないので「私でいいのかな?」って思ってしまいました。初めてのセンターがAKB48のセンターということで不安もありますが、麻友さんという大先輩が隣にいるので麻友さんに付いてがんばりたいと思います」と意気込みを語った。

最後に高橋は「率直な話、八百長ではありません(笑)。嘘だろって思うかもしれないけどガチです。みるきーは明後日21歳の誕生日だから大きなプレゼントになったね。いろんな試練のあった20歳だったと思うけど、今回のソロデビューがんばってください。皆さん、みるきーの応援をよろしくお願いします!」と述べ、今年のじゃんけん大会を締めくくった。

大会終了後、記者会見に登場した渡辺はソロデビューの楽曲について「かわいらしさを伝えるのは自信があるのでかわいい曲がいいと思うんですけど、秋元先生が私を一番輝かせてくれるような曲を作ってくれると思うので、どんな曲でも楽しみにしたいと思います」と思いを打ち明けた。また渡辺はファンに向けて「もうすぐNMB48デビューから4年になりますし、私も明後日21歳の誕生日を迎えます。私にとってもファンの皆さんにとっても今回のソロデビューで最高のプレゼントをお届けできるように精一杯がんばっていきたいと思います。皆さん応援よろしくお願いします。ありがとうございました」と感謝の気持ちを語った。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】