映画ナタリー

黒木華が日本アカデミー賞最優秀助演女優賞2連覇、授賞式で二宮和也の秘密バラす

484

黒木華

黒木華

黒木華が第39回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞に輝いた。

これは本日3月4日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式にて発表されたもの。「母と暮せば」で、結婚を約束した恋人を原爆で失った女性・町子を演じた黒木。昨年、同じく山田洋次監督作「小さいおうち」でも最優秀助演女優賞を受賞しており、2年連続の受賞となる。今作に関しては「時代背景をよく知らないので、吉永(小百合)さんと山田(洋次)さんが教えてくださった」と話す。さらに共演した二宮和也については「けん玉がお上手で、1個技を決めるたびにできたよっていう顔をしてくれて。初共演だったのですが、打ち解けさせていただきました」と現場での様子を明かす。すると会場で見守っていた二宮が「すみっこで監督から隠れてやっていたので、まさかここでバラされるとは!」と驚きのコメントをした。

最優秀賞に選ばれると、黒木は「2回も同じ賞でこの場に立てるとは思っていなかったので、本当に山田監督に感謝してもしきれない。それから映画館に観に来てくださったお客さんのおかげだなと思います」と話した。

なお授賞式には、優秀助演女優賞の受賞者も出席。「海街diary」の夏帆と長澤まさみは同作でカンヌ国際映画祭に出席したことを「(綾瀬はるかと広瀬すずを含む)4姉妹で行けたのが本当にうれしい」と振り返る。「駆込み女と駆け出し男」の満島ひかりは作品の舞台となった東慶寺を実際に訪れて座禅を組んだこと、「ビリギャル」の吉田羊は主演の有村架純と本物の親子のように仲が良かったことなどを明かした。

優秀助演女優賞

※★印が最優秀助演女優賞
夏帆「海街diary」
★黒木華「母と暮せば」
長澤まさみ「海街diary」
満島ひかり「駆込み女と駆出し男」
吉田羊「ビリギャル」

映画ナタリーをフォロー