第39回日本アカデミー賞、最優秀主演賞受賞の二宮和也と安藤サクラが喜び語る

1097

本日3月4日、第39回日本アカデミー賞授賞式が東京・グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールにて行われた。

第39回日本アカデミー賞授賞式の様子。上段左から篠原篤、有村架純、野田洋次郎、土屋太鳳、広瀬すず、山崎賢人、藤野涼子。下段左から黒木華、是枝裕和、安藤サクラ、本木雅弘。

第39回日本アカデミー賞授賞式の様子。上段左から篠原篤、有村架純、野田洋次郎、土屋太鳳、広瀬すず、山崎賢人、藤野涼子。下段左から黒木華、是枝裕和、安藤サクラ、本木雅弘。

大きなサイズで見る(全5件)

是枝裕和

是枝裕和[拡大]

最優秀作品賞を受賞したのは、吉田秋生の同名マンガを是枝裕和が実写映画化した「海街diary」。作品賞のほか最優秀監督賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞を獲得した。

黒木華

黒木華[拡大]

山田洋次の監督作「母と暮せば」からは、二宮和也が最優秀主演男優賞に、そして黒木華が最優秀助演女優賞に選ばれた。黒木は前年度も山田の監督作「小さいおうち」で同賞を受賞しており、2連覇を果たす形となった。そして「百円の恋」チームは、安藤サクラが最優秀主演女優賞を、足立紳が最優秀脚本賞を受賞。話題賞作品部門に選出された「バクマン。」は、編集賞と音楽賞で最優秀賞に輝いた。同作の音楽を担当したサカナクションは北海道のライブハウスの楽屋から電話でコメントを発表。山口一郎は「やったー!」「『バクマン。』という素晴らしい作品に携わらせていただいただけでなく、このような権威ある賞をいただけるとは思いませんでした。本当にありがとうございます!」と喜びを語った。

左から安藤サクラ、新井浩文。

左から安藤サクラ、新井浩文。[拡大]

「母と暮せば」で最優秀主演男優賞を受賞した二宮和也は、授賞式後の囲み取材で「呼ばれた瞬間、周りの方々が喜んでくれたのでうれしかったですね」とコメント。昨年最優秀主演男優賞を受賞した岡田准一から、「よかったね、がんばれよ。でもこれをいただくことがゴールでなくて始まりだから」と声をかけられたことを明かした。また、「百円の恋」で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラは、「(共演した)新井(浩文)くんが、『もしサクラが選ばれたらうち泣いちゃう』と言ってて、発表のときには『うち今トイレ我慢してるから、サクラが選ばれたらお漏らししちゃう』って言ってたんですけど、ほんとに選ばれたときには泣いても漏らしてもいなかったと思います(笑)」と述べた。

受賞結果は以下の通り。

第39回日本アカデミー賞受賞結果

最優秀賞作品賞

「海街diary」

最優秀賞監督賞

是枝裕和「海街diary」

最優秀主演男優賞

二宮和也「母と暮せば」

最優秀主演女優賞

安藤サクラ「百円の恋」

最優秀脚本賞

足立紳「百円の恋」

最優秀音楽賞

サカナクション「バクマン。」

最優秀アニメーション作品賞

「バケモノの子」

最優秀外国作品賞

「アメリカン・スナイパー」

新人俳優賞

有村架純「ビリギャル」
広瀬すず「海街diary」
藤野涼子「ソロモンの偽証 前篇・事件」「ソロモンの偽証 後篇・裁判」
土屋太鳳「orange -オレンジ-」
山崎賢人「orange -オレンジ-」「ヒロイン失格」
篠原篤「恋人たち」
野田洋次郎「トイレのピエタ」
山田涼介「映画 暗殺教室」

協会栄誉賞

仲代達矢(俳優)

協会特別賞

松田和夫(衣装)
ガル・エンタープライズ 佐藤宣明(予告編製作)

話題賞 作品部門

「バクマン。」

話題賞 俳優部門

ももいろクローバーZ「幕が上がる」

最優秀助演男優賞

本木雅弘「日本のいちばん長い日」

最優秀助演女優賞

黒木華「母と暮せば」

最優秀編集賞

大関泰幸「バクマン。」

最優秀録音賞

松陰信彦「海難1890」

最優秀撮影賞

瀧本幹也「海街diary」

最優秀照明賞

藤井稔恭「海街diary」

最優秀美術賞

花谷秀文「海難1890」

この記事の画像(全5件)

関連記事

是枝裕和のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 海街diary / 母と暮せば / 百円の恋 / バクマン。 / 是枝裕和 / 二宮和也 / 安藤サクラ / 黒木華 / サカナクション の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。