映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「バクマン。」大根仁、染谷将太&新井浩文と日本アカデミー賞話題賞の喜びわかちあう

1502

左から新井浩文、大根仁、染谷将太。

左から新井浩文、大根仁、染谷将太。

第39回日本アカデミー賞話題賞を受賞したももいろクローバーZと「バクマン。」の監督・大根仁が、授賞式に登壇した。

本広克行の監督作「幕が上がる」にて初主演を果たし、話題賞の俳優部門に選ばれたももいろクローバーZの5人。ドレスアップした姿をMCから褒められると、百田夏菜子は「今日はちゃんとした格好で来ました!」と笑顔で答える。さらに「普段テレビの画面の中にいる方々が目の前にいるのは緊張します。二宮(和也)さんに『なるべく静かにしてろよ』って言われたんですけど……」と明かし、会場に笑いを起こす。また高城れには「この映画を撮ったときから、『いつかアカデミー賞を獲ってレッドカーペットを歩きたい』と夢を言っていて、みんなには絶対無理だという目で見られていた。でもこうやってこの映画をたくさんの方々に観ていただけてうれしいです。未熟な私たちですが、映画界にちょっとでも仲間入りできればうれしいです!」と元気に挨拶した。

2011年にメガホンを取った「モテキ」も話題賞作品部門に輝いている大根。「話題賞は、日本アカデミー賞の中で唯一、一般の方、若い方に選んでいただける賞。僕は若い方に向けて映画を作りたいと思っているので、何よりうれしいです」と喜びを語る。大根は本作で優秀助演男優賞を受賞した染谷将太とともに登壇していたが、「出てた役者がもう1人いますので。新井くん、ちょっと出てきて」と、「百円の恋」で優秀助演男優賞に選ばれていた新井浩文を急遽ステージに上げる。そんな新井は「『バクマン。』では助演男優賞に選ばれていないからどうしようかと思ったんですけど、映画は監督のものなので、うちが呼ばれなかったのは監督のせいということで(笑)」とジョークを飛ばす。そして染谷は「この映画で大根さんが新しい映画の枠を広げてくれた気がしています。それが話題賞をいただけるのは心からうれしいです」と喜びを明かした。

映画ナタリーをフォロー