映画ナタリー

キネマ旬報ベスト・テン発表、「恋人たち」「マッドマックス」が1位に輝く

314

2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン

2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン

キネマ旬報社が選出する「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン」の受賞結果が発表された。

日本映画部門の第1位に輝いたのは橋口亮輔による7年ぶりのオリジナル長編「恋人たち」。以下、塚本晋也が監督・主演した「野火」や、濱口竜介の5時間17分にわたる大長編「ハッピーアワー」、是枝裕和の「海街diary」、黒沢清の「岸辺の旅」が続いた。

そして外国映画部門の第1位はジョージ・ミラーが手がけたシリーズ30年ぶりの新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。同作は2015年6月に公開されて以降、“爆音上映”や大騒ぎ可能な“V8上映”などさまざまな形式で繰り返しスクリーンにかけられた。2位以下はクリント・イーストウッドの監督作「アメリカン・スナイパー」、2015年4月に106歳で逝去したマノエル・ド・オリヴェイラの「アンジェリカの微笑み」、第87回アカデミー賞にて作品賞ほか4部門を獲得した「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、妻夫木聡も出演したホウ・シャオシェンの「黒衣の刺客」という結果に。

また個人賞は、「岸辺の旅」の深津絵里が主演女優賞、「母と暮せば」の二宮和也が主演男優賞を獲得。新人賞は「海街diary」の広瀬すずと「恋人たち」の篠原篤が受賞したほか、橋口亮輔とジョージ・ミラーが監督賞に輝いた。

「キネマ旬報ベスト・テン」は、1924年度に当時の編集同人の投票によりベストテンを選定したことを発端とする歴史ある映画賞。現在は映画評論家、日本映画記者クラブ員らにより選定されている。2月13日には第1位映画の鑑賞会と表彰式が東京・文京シビックホールにて開催される。

2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン

日本映画ベスト・テン

1位「恋人たち」
2位「野火」
3位「ハッピーアワー」
4位「海街diary」
5位「岸辺の旅」
6位「GONIN サーガ」
7位「この国の空」
8位「ソロモンの偽証 前篇・事件」「ソロモンの偽証 後篇・裁判」
9位「母と暮せば」
10位「きみはいい子」
10位「ローリング」

外国映画ベスト・テン

1位「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
2位「アメリカン・スナイパー」
3位「アンジェリカの微笑み」
4位「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
5位「黒衣の刺客」
6位「神々のたそがれ」
7位「セッション」
8位「雪の轍」
9位「インヒアレント・ヴァイス」
10位「おみおくりの作法」

個人賞

主演女優賞:深津絵里
主演男優賞:二宮和也
助演女優賞:黒木華
助演男優賞:本木雅弘
新人女優賞:広瀬すず
新人男優賞:篠原篤
監督賞:橋口亮輔
脚本賞:橋口亮輔
外国映画監督賞:ジョージ・ミラー

文化映画ベスト・テン

1位「沖縄 うりずんの雨」
2位「戦場ぬ止み」
3位「瀬戸黒 ―加藤孝造のわざ―」
4位「“記憶“と生きる」
5位「芭蕉布 ―平良敏子のわざ―」
6位「福島 生きものの記録 シリーズ3~拡散」
7位「生命の誕生 ~絶滅危惧種日本メダカの発生~」
7位「放射線を浴びたX年後2」
9位「日本と原発」
9位「みんなの学校」

映画ナタリーをフォロー