映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

キネ旬ベスト・テン表彰式に広瀬すずや本木雅弘が登壇、ジョージ・ミラーから手紙も

929

新人女優賞を受賞した広瀬すず。

新人女優賞を受賞した広瀬すず。

キネマ旬報社が主催する「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が、本日2月13日に東京・文京シビックホールにて行われ、受賞者らが登壇した。

「キネマ旬報ベスト・テン」は、1924年度に当時の編集同人の投票によりベストテンを選定したことを発端とする歴史ある映画賞。現在は映画評論家、日本映画記者クラブ員らにより選定されている。

「海街diary」で新人女優賞に輝いた広瀬すずは、「まだ、すごく不思議な感覚です。日々『海街diary』という映画への思いが強くなって、監督やお姉ちゃんたちに出会えたことが自分にとって大きかったんだなと思っています」と、監督の是枝裕和や姉を演じた綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆へ感謝を表す。「これからも、もっともっといろんな映画に染まれるように、そしてこういった舞台にまた戻ってこれるように、お姉ちゃんたちの背中を見ながらがんばります」と抱負を語った。

恋人たち」で日本映画ベスト・テン第1位に輝き、監督賞と脚本賞を受賞した橋口亮輔、主演賞を受賞した深津絵里二宮和也のスピーチの後は、助演俳優賞の表彰へ。「母と暮せば」「幕が上がる」「ソロモンの偽証 前篇・事件」「後篇・裁判」で助演女優賞を受賞した黒木華は、兵庫で舞台公演中のためこの日は欠席。代わりに本人からの手紙が代読され、「この賞をいただき、少しだけ自信を持つことができました。偶然でしょうが、受賞対象作品ではすべて学校の先生役をやらせていただきました。それぞれ違った時代・性格を演じさせていただき、やりがいのあるチャンスと出会いに恵まれたことに感謝いたします」というメッセージが届けられた。

日本のいちばん長い日」「天空の蜂」で助演男優賞を受賞した本木雅弘は、先日撮影を終えたばかりだという主演最新作「永い言い訳」にて深津が彼の妻を、黒木が彼の愛人を演じていることを明かし「鉢合わせになる予定だったので妙に落ち着かなかったのですが、危険回避できました」と笑いを誘う。さらにキネマ旬報ベスト・テンの歴代受賞者には勝新太郎や市川雷蔵がいることから「恐れ多いとともにありがたい気持ち。お前はそのままでいいのか、とも思わされます」と心境を語った。

そのほか文化映画ベスト・テンの第1位に輝いた「沖縄 うりずんの雨」の監督ジャン・ユンカーマンは「この作品を戦後70年のタイミングで発表して、戦争をもう一度見つめ直す機会になったことがうれしい」と語る。外国映画ベスト・テン第1位の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で外国映画監督賞を受賞したジョージ・ミラー、読者選出日本映画監督賞に選ばれた「海街diary」の是枝裕和、読者選出外国映画監督賞に選ばれた「セッション」のデイミアン・チャゼルは登壇が叶わなかったが、それぞれからメッセージが到着。ミラーは「いつも私の作品を応援してくれている日本のファンの皆さんに感謝します。一緒に作品を完成させてくれた俳優、スタッフの全員と喜びを分かち合いたいと思います」と、チャゼルは「このような名誉ある賞をいただき、日本の観客の皆さまに感謝申し上げます。こんなにも応援していただけるとは夢にも思いませんでした」とコメントを寄せる。そして是枝は「監督としては、出演した役者や参加したスタッフが褒められることと、観客賞に値する賞をいただけることが何よりうれしいです。これを励みにまた次の作品に向かいます」と広瀬の新人女優賞への喜びも語った。

また現在発売中のキネマ旬報の表紙には、二宮と深津が登場している。表彰式の終盤に、撮影時のエピソードを聞かれた二宮は「作品でご一緒する機会がなかった中、いきなりこの表紙の撮影でお会いしたので、『本物だ』と思いました」と明かし笑いを起こす。一方の深津も「『あ、ニノだ』って思いました」と感想を述べ、会場は和やかな雰囲気に。最後に二宮が「僕は映画にはまだ数えるほどしか出演したことがなく、出るよりも観る時間の方が長い人間だと思っています。1人の観客として、1つでも多くのいい作品が世に出て行ってほしいと思う。今ご登壇の皆さまにがんばっていただき、私は観客の皆さんと同じ気持ちで楽しんでいきたいですね(笑)」とマイペースなコメントで締めくくった。

※二宮和也&深津絵理登壇!「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン」主演賞表彰式の記事はこちらから

※「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン」4冠に輝いた「恋人たち」表彰式の記事はこちらから

映画ナタリーをフォロー