映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

橋口亮輔「ここまで戻ってこれました」、7年ぶり長編監督作「恋人たち」初日挨拶

136

「恋人たち」初日舞台挨拶に登壇した橋口亮輔とキャストたち。

「恋人たち」初日舞台挨拶に登壇した橋口亮輔とキャストたち。

本日11月14日、「恋人たち」の初日舞台挨拶が東京・テアトル新宿にて行われ、監督の橋口亮輔とキャストの篠原篤成嶋瞳子池田良安藤玉恵黒田大輔木野花が登壇した。

「恋人たち」は、通り魔殺人事件で妻を失った男・アツシ、姑と夫との平凡な暮らしのさなか突如現れた男に心揺れる主婦・瞳子、親友への思いを胸に秘める同性愛者の弁護士・四ノ宮の姿を描く人間ドラマ。橋口にとっては2008年の「ぐるりのこと。」以来の長編監督作となる。

橋口が「7年経ってやっとここまで戻ってこれました」と挨拶すると、客席からは大きな拍手が。そしてアツシ役の篠原が「皆さまが日常の中で少しでもこの映画を話題にしてくださったら」とコメントしたのを皮切りに、キャストたちはそれぞれ本作への思いを述べていく。

2013年に行われたワークショップの受講者をメインキャストに起用し、撮影された本作。俳優たちについて、橋口は「最初はまあできないできない。それで日活ロマンポルノの照明担当の方に相談したら『橋口さん、そんなのねえ、裸にして吊るせばいいんだよ!』と言われて(笑)。さすがに吊るしはしませんでしたけどね」と述べ、客席を笑わせる。続けて橋口は「アツシが泣く場面なんて、難しいから『今日は撮れないかなあ、デジカメを持って(篠原と)2人でこもるしかないかなあ』と思っていたんです。でも現場のみんながずっと見守ってくれていて。スタッフ、キャストが映画に献身してくれたおかげで撮れました」と、本作に携わった人々をねぎらう。その言葉を受けて、篠原は「撮影の終盤に監督が『お前ならやれると思うんだよな』って言ってくださったことがあって。あの監督の言葉や、現場の皆さんの一押しがあってできたと思います」と語った。

本作の封切りに先駆けて、全国で舞台挨拶つきの先行上映を実施し、各地を訪れた橋口と篠原。橋口は「篠原くんのご家族が観にきてくれたんです。普段は(篠原と)口をきかないような弟が、上映後に目を真っ赤にしてこちらへ来て『兄貴をありがとうございました!』って言ってくれたんです。ほかにも声をかけてくださる方がいらっしゃって。映画を作る喜びってこういうところにあるのかなと感じました」としみじみと語った。

終盤にはプロデューサーの深田誠剛が登壇し、橋口へ花束を贈呈する。顔をほころばせた橋口が「いろいろあった僕に、深田さんが『もう一度映画をやろうよ』って声をかけてくださったことがきっかけで、ワークショップが始まり彼ら(キャストたち)と出会いました。数年前の僕の状態からしたら、夢のようです」と感謝の意を表すと、会場はまたも温かな拍手に包まれ、舞台挨拶は終了した。

映画ナタリーをフォロー