コミックナタリー

マンガ大賞2017、柳本光晴「響 ~小説家になる方法~」に決定

1328

マンガ大賞2017の結果発表と授賞式が、本日3月28日にニッポン放送イマジンスタジオにて行われた。大賞に選ばれたのは、柳本光晴「響 ~小説家になる方法~」。

「響~小説家になる方法~」の主人公は、15歳の天才少女・鮎喰響(あくいひびき)。彼女は文芸の才能はあるものの、不良のたまり場となっていた高校の文芸部では、絡んできた不良の指を平気で折るという問題児だった。そんな響が圧倒的才能をもって文芸界で認められいく様を描いていく。同作はビッグコミックスペリオール(小学館)にて連載されており、単行本は5巻までが刊行されている。

「マンガ大賞2017」では、「2016年1月1日から12月31日まで間に単行本が発売された作品のうち、最大巻数が8巻までのマンガ作品」を対象に1次選考が行われ、最終選考作品を選出。選考委員全員がそのノミネート作品をすべて読んだ上で1位から3位までを選定し、ポイント制での集計を経てトップに輝いた作品を「マンガ大賞」としている。今年は「響 ~小説家になる方法~」のほか、上野直彦が取材と原案協力を務める小林有吾「アオアシ」、山本崇一朗「からかい上手の高木さん」、岩本ナオ「金の国 水の国」、桑原太矩「空挺ドラゴンズ」、堀尾省太「ゴールデンゴールド」、九井諒子「ダンジョン飯」、東村アキコ「東京タラレバ娘」、沙村広明「波よ聞いてくれ」、押切蓮介「ハイスコアガール」、藤本タツキ「ファイアパンチ」、白井カイウ原作による出水ぽすか「約束のネバーランド」、高野ひと深「私の少年」の計13タイトルがノミネートされていた。

「友達に薦めたくなるマンガ」をコンセプトに創設された同賞の開催は、今年10回目を数える。第1回目の2008年には石塚真一「岳 みんなの山」が最多票を獲得。2009年には末次由紀「ちはやふる」、2010年にはヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」、2011年には羽海野チカ「3月のライオン」、2012年には荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」、2013年には吉田秋生「海街diary」、2014年には森薫「乙嫁語り」、2015年には東村アキコ「かくかくしかじか」、2016年には野田サトル「ゴールデンカムイ」が大賞に選ばれてきた。

※3/28 15:33追記:2位以下の作品タイトルと受賞記念イラストを追加しました。

マンガ大賞2017最終結果

大賞 柳本光晴「響 ~小説家になる方法~」(67pt)
2位 岩本ナオ「金の国 水の国」(64pt)
3位 九井諒子「ダンジョン飯」(63pt)
4位 小林有吾/上野直彦「アオアシ」(60pt)
5位 沙村広明「波よ聞いてくれ」(48pt)
6位 出水ぽすか/白井カイウ「約束のネバーランド」(43pt)
7位 堀尾省太「ゴールデンゴールド」(42pt)
8位 藤本タツキ「ファイアパンチ」(37pt)
9位 押切蓮介「ハイスコアガール」(33pt)
10位 山本崇一朗「からかい上手の高木さん」(30pt)
11位 高野ひと深「私の少年」(20pt)
12位 東村アキコ「東京タラレバ娘」(18pt)
13位 桑原太矩「空挺ドラゴンズ」(9pt)

コミックナタリーをフォロー