映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「響~小説家になる方法~」実写映画化、監督は「君の膵臓をたべたい」の月川翔

158

「響 ~小説家になる方法~」ビジュアル

「響 ~小説家になる方法~」ビジュアル

柳本光晴によるマンガ「響 ~小説家になる方法~」の実写映画化が決定した。2018年秋に公開される。

これは本日12月13日に東宝の2018年作品ラインナップが発表され、明らかになったもの。ビッグコミックスペリオールにて連載中の原作は、15歳の少女・鮎喰響が圧倒的才能で文芸界を駆け上がっていくさまを描く作品だ。映画のタイトルは「響 -HIBIKI-」。「君の膵臓をたべたい」の月川翔がメガホンを取り、「泥棒役者」の監督・西田征史が脚本を手がける。キャストは明らかになっていないため、今後の続報を待とう。

「響 ~小説家になる方法~」は2014年に連載がスタートし、現在単行本は7巻まで刊行されている。マンガ大賞2017では、大賞を獲得した。なおビッグコミックスペリオールの公式サイトにて、第1~2話の試し読みページも公開中なので、のぞいてみては。

(c)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 (c)柳本光晴/小学館(ビッグコミックスペリオール連載中)

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー