「響 ~小説家になる方法~」実写映画化!文学界を騒がす天才少女を描く

611

柳本光晴「響 ~小説家になる方法~」の実写映画化が決定。「響 - HIBIKI -」というタイトルにて、2018年秋に上映される。

「響 ~小説家になる方法~」7巻

「響 ~小説家になる方法~」7巻

大きなサイズで見る(全3件)

ビッグコミックスペリオール(小学館)にて連載中の「響 ~小説家になる方法~」は、15歳の天才少女・鮎喰響が、圧倒的才能をもって文学界で認められいくさまを描く物語。単行本は7巻まで発売されており、マンガ大賞2017では大賞に選ばれた。

監督は実写映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」「君の膵臓をたべたい」の月川翔、脚本はアニメ「TIGER & BUNNY」シリーズ、実写版「信長協奏曲」の西田征史が務める。

この記事の画像(全3件)

関連記事

柳本光晴のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018映画「響 - HIBIKI -」製作委員会 (c)柳本光晴/小学館

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 柳本光晴 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。