マンガ大賞2021、大賞は山田鐘人・アベツカサ「葬送のフリーレン」

3503

マンガ大賞2021の大賞が、山田鐘人原作によるアベツカサ「葬送のフリーレン」に決定。本日3月16日に東京・ニッポン放送イマジンスタジオにて結果発表と授賞式が行われた。

「葬送のフリーレン」1巻

「葬送のフリーレン」1巻

大きなサイズで見る(全13件)

「葬送のフリーレン」受賞イラスト。

「葬送のフリーレン」受賞イラスト。[拡大]

「葬送のフリーレン」は、魔王を倒した勇者一行の“その後”を描く物語。勇者のヒンメル、戦士のアイゼン、僧侶のハイター、魔法使いのフリーレンという魔王を倒した勇者一行が、王都へ帰還するところから物語が始まる。それから50年、長命種のエルフであるフリーレンは、年老いたヒンメルの死に涙する自分に戸惑い困惑する。そして彼女は人間を知るための旅に出ることとなる。2020年4月より週刊少年サンデー(小学館)にて連載され、単行本は最新4巻が明日3月17日に発売される。

そのほかマンガ大賞2021には「葬送のフリーレン」のほか、赤坂アカ原作による横槍メンゴ「【推しの子】」、魚豊「チ。―地球の運動について―」、遠藤達哉「SPY×FAMILY」、田島列島「水は海に向かって流れる」、鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」、松本直也「怪獣8号」、眉月じゅん「九龍ジェネリックロマンス」、和山やま「女の園の星」「カラオケ行こ!」の10タイトルがノミネートされていた。

「マンガ大賞」とは書店員を中心とした有志による選考委員が、誰かに薦めたいと思う“今一番フレッシュなマンガ”を投票で決める賞。14回目となるマンガ大賞2021では、2020年1月1日から12月31日までに単行本が発売された作品のうち、過去にマンガ大賞を受賞した作品を除く最大巻数が8巻までのマンガ作品を対象に、選考員による投票が行われた。その上位10作品を「ノミネート作品」とし、その中から各選考員が1位から3位までを選定。ポイント制を集計してトップに輝いた作品を「マンガ大賞」としている。なおコミックナタリーでは、授賞式の模様を追ってレポートする。

※3/16 15:22追記:2位以下の作品タイトル、受賞イラストを追加しました。

この記事の画像(全13件)

マンガ大賞2021最終結果

大賞 山田鐘人アベツカサ「葬送のフリーレン」91ポイント
2位 魚豊「チ。―地球の運動について―」67ポイント
3位 和山やま「カラオケ行こ!」64ポイント
4位 田島列島「水は海に向かって流れる」60ポイント
5位 赤坂アカ横槍メンゴ「【推しの子】」59ポイント
6位 松本直也「怪獣8号」58ポイント
7位 和山やま「女の園の星」57ポイント
8位 鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」48ポイント
9位 眉月じゅん「九龍ジェネリックロマンス」46ポイント
10位 遠藤達哉「SPY×FAMILY」38ポイント

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

山田鐘人のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 山田鐘人 / アベツカサ / 赤坂アカ / 横槍メンゴ / 魚豊 / 遠藤達哉 / 田島列島 / 鶴谷香央理 / 松本直也 / 眉月じゅん の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。