「クリスマス・キャロル」全国ツアー、松村雄基がスクルージ役に

2

37

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 13 23
  • 1 シェア

ミュージカル「クリスマス・キャロル」が11・12月に全国各地で上演される。

ミュージカル「クリスマス・キャロル」ビジュアル

ミュージカル「クリスマス・キャロル」ビジュアル

大きなサイズで見る

これはチャールズ・ディケンズの小説をもとにしたミュージカル。劇中では、1843年のイギリス・ロンドンを舞台に、悪どい商売をしている守銭奴のスクルージの物語が描かれる。スクルージが孤独なクリスマスイブを過ごしていると、突然、7年前に亡くなったかつての共同経営者・マーレイの亡霊が現れて……。

今回は松村雄基がスクルージ役を務め、スクルージにとって鍵となる女性、イザベラ、イライザ、イボンヌの3役を杉本彩、マーレイ役を吉田要士が担う。演出・台本・音楽を西田直木が手がける。

公演に向けて松村は「世界各地、さまざまなところで映像化、舞台化されている素晴らしい作品です。プレッシャーはありますが、僕は僕なりの、そして今回ご一緒させていただくスタッフ・キャストの皆さまと力を合わせて、ご覧いただくお客様に楽しんでいただけるように、精一杯頑張って素敵な舞台をお届けしたいと思っております」と意気込みを語った。

松村雄基コメント

僕が演じるスクルージという役は、人に関心を持たない、誰のことも愛さないし、誰からも愛されない、強欲で孤独な老人です。でもこの心を閉ざした老人が、いろんなクリスマスイブの奇跡に出会い、そして周りにいる人たちのたくさんの愛によって徐々に心を開いていくというファンタジックな物語です。

僕もスクルージに共感できる部分はたくさんあります。物語前半の「何がクリスマスだ!」という気持ちも少なからず分かりますし、後半のいろんな人と出会って、自分は1人じゃない、誰かに生かされているんだ、その思いを誰かにあげたい、それが幸せなんだという風に気づいていく、そんな部分にも共感できました。

この作品は、世界各地、さまざまなところで映像化、舞台化されている素晴らしい作品です。ですのでプレッシャーはありますが、僕は僕なりの、そして今回ご一緒させていただくスタッフ・キャストの皆さまと力を合わせて、ご覧いただくお客様に楽しんでいただけるように精一杯頑張って素敵な舞台をお届けしたいと思っております。

杉本彩コメント

私はこの「クリスマス・キャロル」という作品が本当に大好きです。人はどう生きるべきか、どう生きたら幸せになれるのか、この作品をご覧になった方は、誰もがその答えを見つけることができると思います。自分以外の誰かを愛し、そして誰かを幸せにすることで、自分の心が満たされ、自分自身も幸せを感じることができるのだと、この物語が大切なことを教えてくれる。それがこの作品の魅力だと思います。今回7年ぶりにこの作品に出演しますのでプレッシャーはありますが、7年経って今の私だからこそ感じられること、表現できることがあるのでは、という思いでチャレンジします。

本作では三人の女性を演じます。イザベラはスクルージの心にしっかりと寄り添うように演じたいですし、ショーの中で生きている華やかなイライザを以前よりもっと華やかに、そしてもう1人は老婆ですが、なるべく自然に、凄みのある老婆を演じたいと思います。

観てくださる方の心に愛と感動と幸せを届けられるよう頑張ります。

吉田要士コメント

「クリスマス・キャロル」というチャールズ・ディケンズの大作を、ミュージカルに仕立て上げた西田直木さんの台本、演出が本当に素晴らしく、さらに音楽も素敵で、その音楽を聴くだけでも十分にお楽しみいただける作品です。その中でも僕が演じるマーレイと親友であるスクルージが最後のシーンで歌う曲が特に重厚感があって心の中が浄化されていくような気持ちになります。ご注目いただきたいポイントです。

僕は、子どもの頃からミッション系の学校に通っていたこともあり、クリスマスが大好きで、さらにロンドンに留学中にも華やかなクリスマスを体験し、とても心に残っております。そんな大好きなクリスマスの作品である、「クリスマス・キャロル」に初演からずっとマーレイ役で出演させていただいており、今回松村雄基さんとは初めて、杉本彩さんは2回目で、お2人と共演することで新たな「クリスマス・キャロル」を作っていきたいと思います。自分もまたゼロからやり直すくらいの気持ちで挑んでいきたいなと思っております。

この記事の画像(全1件)

ミュージカル「クリスマス・キャロル」

2023年11月20日(月)・21日(火)
東京都 きゅりあん 大ホール
※全国ツアーあり。

原作:チャールズ・ディケンズ「クリスマス・キャロル」より
演出・台本・音楽:西田直木

キャスト

スクルージ:松村雄基

3人の女(イザベラ・イライザ・イボンヌ):杉本彩

マーレイ:吉田要士

過去のクリスマスの精霊:植松恵理
現在のクリスマスの精霊:真樹めぐみ
未来のクリスマスの精霊:市川由希
ボブ:橋本伶和
シェリル:山上由依子
マーサ:田中夢羽
ティム:吉田瑠那、萩原ゆめの
スクルージ(青年時代):宮野怜雄奈

アンサンブル:中桐光貴、花咲まこと、市原実紗、小林実加、松橋頼良、水沢ふう

全文を表示

読者の反応

  • 2

ネコおじさん @uQUOEIdsoC8U6yF

「クリスマス・キャロル」全国ツアー、松村雄基がスクルージ役に(コメントあり) https://t.co/CP87TUmpUz

コメントを読む(2件)

関連記事

松村雄基のほかの記事

リンク

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 松村雄基 / 杉本彩 / 真樹めぐみ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします