「さいたまダンス・ラボラトリ」第5弾、講師はダニエル・リネハン

14

「さいたまダンス・ラボラトリVol.5(2022)春期集中ワークショップ」が3月8日から10日と15日から20日まで、埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大稽古場にて開催される。

ダニエル・リネハンのワークショップの様子。(c)Sofie De Backere

ダニエル・リネハンのワークショップの様子。(c)Sofie De Backere

大きなサイズで見る(全7件)

これは彩の国さいたま芸術劇場が、ダンス表現の探求と作品創作を目的に2018年に立ち上げた企画。第5弾となる今回は、3月に同劇場で「BODY OF WORK」を上演する、ダニエル・リネハンが講師およびナビゲーターを務める。参加希望者は、2月11日までに申し込みを。

開催に向けてリネハンは「ダイナミックに変化する時代の中でどのようにニュアンスを保ち、きめ細かくいられるか。常に新しいもの、“今この瞬間”に応えるために、自分がオープンであることを大切にしていきます。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!」とコメントしている。

ダニエル・リネハン コメント

この世界、全宇宙、どこを探しても、皆さんのような意識と感性の能力を持つ存在は非常に稀でしょう。どの瞬間においても、自分の内部や周りの世界で起きている質感や動き、味わい、変化に敏感であり、そこに意識を向けることがあなたにはできるのです。皆さんが意識している一つ一つの呼吸は、“感じることの奇跡”なのです。

このワークショップでは、そんな感性の能力を目覚めさせ、さまざまな身体的体験に皆さんを誘います。身近な環境との繋がりを用いて、新たなムーヴメントや自身の在り方をインスパイアしていきます。踊ったり、静かにしたり、大きな声を出したり、遊んだり、取り組んだり。多様なプラクティスのパレットを巡らせながら、これらの経験がもたらすクオリティを見つけていきます。 ダイナミックに変化する時代の中でどのようにニュアンスを保ち、きめ細かくいられるか。常に新しいもの、“今この瞬間”に応えるために、自分がオープンであることを大切にしていきます。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

この記事の画像(全7件)

「さいたまダンス・ラボラトリVol.5(2022)春期集中ワークショップ」

2022年3月8日(火)~10日(木)、15日(火)~20日(日)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大稽古場

講師:ダニエル・リネハン

全文を表示

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ダニエル・リネハン の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします