井上ひさし×増澤ノゾム「父と暮せば」キャストの組み合わせは全4パターン

59

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 10 36
  • 13 シェア

だるま企画プロデュース公演「父と暮せば」が、2月2日から6日まで東京・小劇場B1で上演される。

だるま企画プロデュース公演「父と暮せば」チラシ表

だるま企画プロデュース公演「父と暮せば」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

井上ひさしの戯曲「父と暮せば」は、原爆投下から3年後の広島を舞台に、父と娘の“最後の会話”を描いた二人芝居。増澤ノゾムが演出を手がける本公演では、娘・美津江役を松木菜美、高宮千尋、父・竹造役を剣持直明、増澤がそれぞれWキャストで務める。なおキャストの組み合わせは全4パターンで、回替わりとなる。

この記事の画像(全2件)

だるま企画プロデュース公演「父と暮せば」

2022年2月2日(水)~6日(木)
東京都 小劇場B1

作:井上ひさし
演出:増澤ノゾム
出演:松木菜美、高宮千尋、剣持直明、増澤ノゾム

※高宮千尋の「高」ははしご高が正式表記。

全文を表示

増澤ノゾムのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 増澤ノゾム / 井上ひさし / 剣持直明 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします