仙台からでっけぇLOVEを発信!柿喰う客の“恋愛群像劇”「恋人としては無理」開幕

3

206

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 32 114
  • 60 シェア

柿喰う客「恋人としては無理」が、本日12月18日に宮城・宮城野区文化センター パトナシアターで開幕した。

柿喰う客 仙台遠征公演 2021「恋人としては無理」より。(撮影:松橋隆樹)

柿喰う客 仙台遠征公演 2021「恋人としては無理」より。(撮影:松橋隆樹)

大きなサイズで見る(全13件)

柿喰う客 仙台遠征公演 2021「恋人としては無理」より。(撮影:松橋隆樹)

柿喰う客 仙台遠征公演 2021「恋人としては無理」より。(撮影:松橋隆樹)[拡大]

中屋敷法仁が作・演出を手がける「恋人としては無理」は、2008年にフランスで初演された作品。劇中では、“神の子”と呼ばれる男と、その弟子たちをシニカルに描いた“恋愛群像劇”が繰り広げられる。出演者には、牧田哲也大村わたる加藤ひろたかとよだ恭兵、蓮井佑麻、齋藤明里長尾友里花が名を連ねた。

柿喰う客 仙台遠征公演 2021「恋人としては無理」より。(撮影:松橋隆樹)

柿喰う客 仙台遠征公演 2021「恋人としては無理」より。(撮影:松橋隆樹)[拡大]

開幕に際し、大村は「人肌恋しくなる季節、柿喰う客が最高の胸キュン物語を生み出しました。2008年に海外で初演され、国内ツアーも行った『恋人としては無理』は劇団初期の代表作。今回はフレッシュ&ファビュラスな俳優7名が魂のリバイバル上演を行います。聖なる夜を待ちきれない、すべてのときめきハンターたちへ。杜の都・仙台から、でっけぇLOVEを発信です」と思いを語っている。

上演時間は約1時間10分で、公演は明日19日まで。なお、1月14日から23日にかけては、柿喰う客の新作「空鉄砲」が東京のザ・スズナリで上演される。

この記事の画像(全13件)

柿喰う客 仙台遠征公演 2021「恋人としては無理」

2021年12月18日(土)・19日(日)
宮城県 宮城野区文化センター パトナシアター

作・演出:中屋敷法仁
出演:牧田哲也大村わたる加藤ひろたかとよだ恭兵、蓮井佑麻、齋藤明里長尾友里花

柿喰う客 新作本公演 2022「空鉄砲」

2022年1月14日(金)~23日(日)
東京都 ザ・スズナリ

作・演出:中屋敷法仁
出演:玉置玲央、永島敬三、田中穂先

全文を表示

読者の反応

  • 3

中屋敷法仁【12/22開幕!柿喰う客『禁猟区』@本多劇場】 @nkyshk

【舞台写真あり】仙台からでっけぇLOVEを発信!柿喰う客の“恋愛群像劇”「恋人としては無理」開幕 https://t.co/jJJGG8wwVa #恋無理2021

コメントを読む(3件)

関連記事

柿喰う客のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 柿喰う客 / 中屋敷法仁 / 牧田哲也 / 大村わたる / 加藤ひろたか / とよだ恭兵 / 齋藤明里 / 長尾友里花 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします