コロナ禍の表現者たちの“いま”を切り取った写真展「非日常を踊る」開催

2

133

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 16 36
  • 81 シェア

写真家の葛西亜理沙、南しずか、宮川舞子による作品展「非日常を踊る~Japanese Entertainers under the Pandemic~」が、12月17日から28日までと、1月5・6日に東京・Sony Imaging Galleryで開催される。

フラメンコダンサーのデラフエンテチャベス由香。(撮影:宮川舞子)

フラメンコダンサーのデラフエンテチャベス由香。(撮影:宮川舞子)

大きなサイズで見る(全3件)

ポールダンサーのyamadori。(撮影:葛西亜理沙)

ポールダンサーのyamadori。(撮影:葛西亜理沙)[拡大]

阿波おどりの踊り手・福原ゆかり。(撮影:南しずか)

阿波おどりの踊り手・福原ゆかり。(撮影:南しずか)[拡大]

葛西、南、宮川は「コロナ禍という日常と非日常が入り混ざる“いま”を切り取ること」をコンセプトに掲げ、昨年7月から約7カ月間、18組のダンサー・舞踊家・アクション俳優らのポートレートを撮影。表現者たちが自宅や稽古場という“裏舞台”で踊る姿を捉えた。また3人は、表現者たちの“今しか出てこない感情”やパフォーマンスの動画を記録している。本作品展の入場は無料。

この記事の画像(全3件)

葛西亜理沙 / 南しずか / 宮川舞子 作品展「非日常を踊る~Japanese Entertainers under the Pandemic~」

2021年12月17日(金)~28日(火)、2022年1月5日(水)・6日(木)
東京都 Sony Imaging Gallery

全文を表示

読者の反応

  • 2

Momoko Kawano * 河野桃子 @momo_com

”コロナ禍の表現者たちの“いま”を切り取った写真展「非日常を踊る」開催”
──18組のダンサー・舞踊家・アクション俳優らのポートレートを撮影。表現者たちが自宅や稽古場という“裏舞台”で踊る姿を捉えた。入場は無料。
https://t.co/XDN115TcnG

コメントを読む(2件)

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします