勅使川原三郎が“緩やかな楽曲”から構成する新作「アダージョ」

1

27

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 10 15
  • 2 シェア

アップデイトダンス「アダージョ」が11月13日から22日まで東京のカラス・アパラタス B2ホールで上演される。

アップデイトダンス No.88「アダージョ」チラシ

アップデイトダンス No.88「アダージョ」チラシ

大きなサイズで見る

「アダージョ」は、勅使川原三郎が演出・照明を手がける新作。上演に向け、勅使川原は「マーラー、バーバー、ベートーヴェン、ブルックナー、ラフマニノフ、バッハ、他のラルゴやアダージェットも含めた緩やかな楽曲を構成編集する。アダージョを踊る時の私の身体は溶けて、心臓だけが宙に浮かんでどこかに消えて行くのを感じます。ゆるやかに言葉も消え、意味も存在さえも無くなる、その時、私は生死を生きていると感じます」とコメントしている。出演には佐東利穂子と勅使川原が名を連ねた。

アップデイトダンス No.88「アダージョ」

2021年11月13日(土)~22日(月)
東京都 カラス・アパラタス B2ホール

演出・照明:勅使川原三郎
出演:佐東利穂子、勅使川原三郎

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

勅使川原三郎が“緩やかな楽曲”から構成する新作「アダージョ」(コメントあり)
https://t.co/BpDxnU1y3j https://t.co/Wj6tIcJ6Rl

コメントを読む(1件)

勅使川原三郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 勅使川原三郎 / 佐東利穂子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします