神田愛山が神田伯山に講談の読み物を伝授!「相伝の会」あうるすぽっとで開催

1

234

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 30 175
  • 29 シェア

「神田愛山→神田伯山『相伝の会』」が、昨日10月29日に東京・あうるすぽっとで開催された。

左から神田愛山、神田伯山。(撮影:橘蓮二)

左から神田愛山、神田伯山。(撮影:橘蓮二)

大きなサイズで見る(全7件)

神田愛山(撮影:橘蓮二)

神田愛山(撮影:橘蓮二)[拡大]

神田伯山(撮影:橘蓮二)

神田伯山(撮影:橘蓮二)[拡大]

「神田愛山→神田伯山『相伝の会』」は、神田愛山が神田伯山に講談の読み物を伝授するシリーズ。公演では、まず神田鯉花によって「寛永宮本武蔵伝『熱湯風呂』」が披露され、そのあと伯山が「大名の荒茶の湯」、愛山が「伊勢の初旅」、伯山が「大名花屋」、愛山が「ご近所大戦」を口演した。

伯山は「講談は、伝承によって受け継がれてきた芸能です。師匠から弟子へ。先輩から後輩へ。この『相伝の会』は、大先輩である神田愛山先生に講談を一席読んでいただき、私、伯山がその読み物を覚えて次回の『相伝の会』で皆様にお披露目する、という趣旨の公演です」と説明し、「今回私が申し上げました『大名の荒茶の湯』は、前回愛山先生に教わりました。愛山先生の『伊勢の初旅』を、次回私が申し上げます。お客様におかれましては、同じ読み物を『教える側・教わる側』それぞれお聴き比べいただきながら、講談はこのようにして継承されてきたのだな、とお楽しみいただけましたら幸いです」と思いを述べた。

次回「相伝の会」は、来年3月11日に同会場で行われる予定。詳細については続報を待とう。

この記事の画像(全7件)

「神田愛山→神田伯山『相伝の会』」

2021年10月29日(金)※公演終了
2022年3月11日(金)
東京都 あうるすぽっと

出演:神田愛山、神田伯山

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

【公演レポート】神田愛山が神田伯山に講談の読み物を伝授!「相伝の会」あうるすぽっとで開催(コメントあり)
https://t.co/Tmo8UNrRRv https://t.co/VtOKG6x5S8

コメントを読む(1件)

関連記事

神田伯山のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 神田伯山 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします