今井翼がベートーヴェンの“不滅の恋人”探す弟子に、「ベートーヴェンからの手紙」

824

リーディング・コンサート「ベートーヴェンからの手紙」が、12月3・4日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホールで上演される。

今井翼

今井翼

大きなサイズで見る(全4件)

読売日本交響楽団のチェリスト・渡部玄一が構成・演出を手がける本作は、朗読と生演奏が融合した“リーディング・コンサート”。劇中では、ベートーヴェンの死後発見された、彼の恋文を巡るミステリーが、ベートーヴェンの名曲に乗せて展開されていく。その恋文の宛先には、“不滅の恋人”とのみ記されており、具体的な相手の名前は記載されていなかった。ベートーヴェンの弟子フェルディナント・リースは、ベートーヴェンの思いを“不滅の恋人”に伝えるため、その女性を探す旅に出るが……。

フェルディナント・リース役を今井翼が務めるほか、ベートーヴェン役を宮原浩暢(LE VELVETS)、ベートーヴェンが初めて結婚を意識した女性ジュリエッタ・グイチャルディ役を小宮有紗、“不滅の恋人”として最も有力視されているアントニー・ブレンターノ役を貴城けいが担う。チケットの一般販売は11月20日10:00にスタート。

この記事の画像(全4件)

リーディング・コンサート「ベートーヴェンからの手紙」

2021年12月3日(金)・4日(土)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

構成・演出:渡部玄一
出演:今井翼宮原浩暢(LE VELVETS)、小宮有紗貴城けい
演奏:枝並千花(ヴァイオリン)、渡部玄一(チェロ)、島田彩乃(ピアノ)

全文を表示

今井翼のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 今井翼 / 宮原浩暢 / 小宮有紗 / 貴城けい の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします