宝塚大劇場が明日の星組「柳生忍法帖」で来場者3000万人を達成

兵庫・宝塚大劇場が、明日10月15日に来場者3000万人を達成することがわかった。

1924年にオープンした旧劇場を建て替え、1993年1月1日に開場した宝塚大劇場。同劇場が、15日の宝塚歌劇星組「宝塚剣豪秘録『柳生忍法帖』」「ロマンチック・レビュー『モアー・ダンディズム!』」13:00開演回で3000万人目の観客を迎える予定だ。

3000万人達成を記念し、終演後には星組組長の美稀千種、星組トップスターの礼真琴があいさつをするほか、観劇者全員に記念ノベルティがプレゼントされる。また、15日から宝塚大劇場千秋楽となる11月1日までは、記念デザインチケットを入場認証用チケットとして発券。記念オリジナルデジタルフォトフレームの無料配信も行われる。詳細は公式サイトで確認しよう。

「宝塚剣豪秘録『柳生忍法帖』」「ロマンチック・レビュー『モアー・ダンディズム!』」は11月20日から12月26日まで、東京・宝塚劇場でも上演される。

関連記事

宝塚歌劇団のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 宝塚歌劇団 / 礼真琴 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします