「OPEN SITE 6」にスペノ・ハラサオリ・坂東祐大ら

1

66

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 8 22
  • 36 シェア

「OPEN SITE 6」が10月16日から11月21日までと、12月4日から来年1月16日まで、東京・トーキョーアーツアンドスペース本郷にて開催される。

「OPEN SITE 6」ビジュアル

「OPEN SITE 6」ビジュアル

大きなサイズで見る

「OPEN SITE 6」は、今年で6回目を迎えるトーキョーアーツアンドスペースの企画公募プログラム。展示、パフォーマンス、ワークショップなどさまざまな企画が行われる。

Part1は、10月16日から11月21日まで実施。10月16日の「オープニング・トーク」には、10月16日から21日に展示「When I quit eating tomato」を行う楊いくみと金仁淑が登壇し、blanClassのディレクター・小林晴夫をゲストに迎えたトークが繰り広げられる。

またスペースノットブランク「クローズド・サークル」が11月19日から21日まで上演されるほか、dot企画として寺田衣里と森山晴香によるOLYMPICNICの「OLYMPICNIC MUSEUM」、住吉山実里の「筆談会 これより先、無言」、TOKAS普及プログラムとして和田夏実のワークショップ「Naive realism-在の行方」が実施される。

なおPart2は12月4日から来年1月16日にかけて開催され、展示2企画、パフォーマンス2企画、TOKAS推奨プログラム1企画がラインナップ。参加アーティストには、エレナ・ノックス、ハラサオリ、KYICC 2021 Committee、 敷地理+早川葉南子、坂東祐大、文月悠光が名を連ねた。

「OPEN SITE 6」

2021年10月16日(土)~11月21日(日)
2021年12月4日(土)~2022年1月16日(日)
東京都 トーキョーアーツアンドスペース本郷

参加アーティスト

Part1:楊いくみ、金仁淑、スペースノットブランク、OLYMPICNIC、住吉山実里、和田夏実
Part 2:エレナ・ノックス、ハラサオリ、KYICC 2021 Committee、敷地理+早川葉南子、坂東祐大、文月悠光

※「Naive realismの最初の「I」はトレマつきが正式表記。

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

「OPEN SITE 6」にスペノ・ハラサオリ・坂東祐大ら
https://t.co/Hi5ncMdC31 https://t.co/k5s4ef6vnm

コメントを読む(1件)

関連記事

スペースノットブランクのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 スペースノットブランク / ハラサオリ / 文月悠光 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします