ルカ・ロンコーニやサム・メンデスが舞台化、小説「リーマン・トリロジー」刊行

1

112

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 42 68
  • 2 シェア

イタリアの作家ステファノ・マッシーニの小説「リーマン・トリロジー」が、8月21日に早川書房から刊行される。

「リーマン・トリロジー」(早川書房)書影

「リーマン・トリロジー」(早川書房)書影

大きなサイズで見る

「リーマン・トリロジー」

「リーマン・トリロジー」
Amazon.co.jp

ルカ・ロンコーニ、サム・メンデスの演出で舞台化された「リーマン・トリロジー」は、リーマン・ブラザーズの創業者一族の栄光と興亡を3代にわたり描いた長編小説。1844年、ドイツ南部バイエルン出身の青年ヘンリー・リーマンは、新しい生活を夢見て、アメリカ・ニューヨークに降り立つ。彼はアメリカ南部で綿製品の店を開き、2人の弟とともに事業を拡大。彼らはやがて金融界の大物にのし上がるが……。

なお、メンデス演出の「リーマン・トリロジー」も上映された「NTLive2021 アンコール夏祭り」は、8月26日まで東京のシネ・リーブル池袋で開催されている。

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

ルカ・ロンコーニやサム・メンデスが舞台化、小説「リーマン・トリロジー」刊行
https://t.co/NhUPGMlZzs https://t.co/7bcikuP9EM

コメントを読む(1件)

関連記事

サム・メンデスのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 サム・メンデス の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします