「TURNフェス6」が東京都美術館とオンラインで開催

1

4

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 1 2
  • 1 シェア

「TURNフェス6」が東京・東京都美術館とオンラインで開催される。

「TURNフェス6」ビジュアル

「TURNフェス6」ビジュアル

大きなサイズで見る

2015年に始動した「TURN」は、障害の有無、世代、性、国籍、住環境など背景や習慣の違いを超えた多様な人々の出会いによる相互作用を、表現として生み出すアートプロジェクト。監修を現代美術家の日比野克彦が務めている。

8月17日から19日まで東京・東京都美術館で行われる「TURNフェス6」では、ひきこもり経験のある現代美術家・渡辺篤をはじめ、8作家と9組の展示が行われるほか、ドキュメンタリー映画「ダンシングホームレス」など、全7作品が上映される。

また特設サイトでは、9月5日まで、「TURN」に参加する多彩なアーティストの活動や表現を動画、写真、テキスト、音声などで公開。さらにアーカイブ映像や書籍の朗読なども披露される。

「TURNフェス6」

「TURNフェス6:東京美術館」

2021年8月17日(火)~19日(木)
東京都 東京都美術館

参加作家・団体:井川丹、伊勢克也、五十嵐靖晃、岩田とも子、大西健太郎、気まぐれ八百屋だんだん、クラフト工房 La Mano、板橋区立小茂根福祉園、永岡大輔、ハーモニー、松本力、マチーデフ、山本千愛、 アイムヒアプロジェクト|渡辺篤、富塚絵美、佐藤慎也、本多達也、山蔦栄太郎、橋本瞭、島影圭佑、梶谷真司、 三科聡子、田村大、丸山素直、PARC、野口竜平 ほか

「TURNフェス6:オンラインプログラム」

2021年7月19日(月)~9月5日(日)

参加作家:アイムヒアプロジェクト | 渡辺篤、マチーデフ、山本千愛、永岡大輔、飯塚貴士稲継美保、松本力、田村大、パポとユミ、向坂くじらとカニエ・ナハ ほか

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

「TURNフェス6」が東京都美術館とオンラインで開催
https://t.co/dQb472KtsJ https://t.co/kPl27JdD4p

コメントを読む(1件)

日比野克彦のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 日比野克彦 / 稲継美保 / 飯塚貴士 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします