CEDAR×深作健太、一人芝居「ブリキの太鼓」に河西健吾・津田美波・桧山征翔・大浦千佳

1

142

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 13 21
  • 108 シェア

CEDAR×深作組「ブリキの太鼓」が、8月25日から29日まで東京・サンモールスタジオで上演される。

CEDAR×深作組「ブリキの太鼓」仮チラシ

CEDAR×深作組「ブリキの太鼓」仮チラシ

大きなサイズで見る(全6件)

ブリキの太鼓」は、1999年にノーベル文学賞を受賞したドイツの小説家ギュンター・グラスの代表作の1つで、1979年に映画化もされた長編小説。演劇ユニット・CEDAR深作健太がタッグを組む今回は、「ブリキの太鼓」を原作としたオリヴァー・レーゼの戯曲を、翻訳家・大川珠季の新訳、深作の演出で立ち上げる。

また、朗読劇ver.と演劇ver.の2種類の形式で上演。朗読劇ver.には河西健吾津田美波、演劇ver.には桧山征翔大浦千佳が出演する。上演決定に際し、深作は「たった一人の俳優が、70分で駆け抜ける120年間。この作品は、すべてのオトナ達への挑戦状なのです」とコメント。チケット情報ほか、公演の詳細については続報を待とう。

深作健太コメント

深作健太

深作健太[拡大]

こんなにもドイツ演劇に魅かれるのは何故だろう?

ベルリンへ出かける度、僕はいつも考えてしまいます。

ドイツと日本は、かつて同じ戦争を共に闘い、

共に厳しい<敗戦>を味わいながら、

戦後はまったく違った歴史を歩んで来ました。

オリンピックがすべてをうやむやにしてしまう

今だからこそ、演劇を通じ、

僕たちは自分自身の<罪>と向き合い、

自分自身の<ルーツ>に立ち向かいたいと思います。

たった一人の俳優が、70分で駆け抜ける120年間。

この作品は、すべてのオトナ達への挑戦状なのです。

創立以来、共に歩んで来たCEDARの皆さんと、

大好きな四人の役者さんとのコラボレーション。

まだまだ困難な状況は続きますが、

どうか皆様、ぜひ劇場へお出かけくださいませ。

この記事の画像(全6件)

CEDAR×深作組「ブリキの太鼓」

2021年8月25日(水)~29日(日)
東京都 サンモールスタジオ

原作:ギュンター・グラス
脚本:オリヴァー・レーゼ
翻訳:大川珠季
演出:深作健太

出演

朗読劇ver.:河西健吾津田美波
演劇ver.:桧山征翔大浦千佳

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

CEDAR×深作健太、一人芝居「ブリキの太鼓」に河西健吾・津田美波・桧山征翔・大浦千佳(コメントあり)
https://t.co/Blakf8plpZ

#CEDAR #深作健太 #河西健吾 #津田美波 #桧山征翔 #大浦千佳 https://t.co/z36lcGxhFz

コメントを読む(1件)

関連記事

深作健太のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 深作健太 / CEDAR / ギュンター・グラス / 河西健吾 / 津田美波 / 桧山征翔 / 大浦千佳 / ブリキの太鼓 / ブリキの太鼓(ディレクターズカット) の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします