竹内涼真のひたむきな演技が光る、初舞台&初ミュージカル「17 AGAIN」明日開幕

702

竹内涼真が主演を務めるミュージカル「17 AGAIN」が、明日5月16日に東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で開幕する。それに先駆け、本日15日の最終舞台稽古が公開された。

ミュージカル「17 AGAIN」より。(撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ)

ミュージカル「17 AGAIN」より。(撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ)

大きなサイズで見る(全11件)

ミュージカル「17 AGAIN」より。(撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ)

ミュージカル「17 AGAIN」より。(撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ)[拡大]

本作は2009年に公開されたザック・エフロン主演のコメディ映画「セブンティーン・アゲイン」(原題:17 AGAIN)のミュージカル版。脚本をマルコ・ぺネット、作曲・作詞をアラン・ザッカリーとマイケル・ウェイナーが手がけ、翻訳・演出を谷賢一が担う。

ミュージカル「17 AGAIN」より。(撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ)

ミュージカル「17 AGAIN」より。(撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ)[拡大]

劇中では人生に行き詰まった35歳のマイクが、バスケットボールのスター選手だった17歳の頃の姿に戻り、家族や己の人生と向き合う様子が描かれる。35歳と17歳のマイクを演じる竹内は、本作が初舞台にして初ミュージカル。竹内は、離婚危機にあるソニン扮する妻・スカーレットや不良のスタンと付き合っている娘・マギー、気が弱く学校でいじめられている息子・アレックス、それぞれと心を通じ合わせ、問題を解決していくマイクをひたむきに好演した。なぜ17歳の姿に戻ったのか、その理由を見つける大団円まで、物語はテンポよく進み、群舞ではキャストがエネルギッシュなダンスや歌を披露。コミカルなシーンではマイクの親友・ネッド役のエハラマサヒロを筆頭に、出演者のかけあいが観客の笑いを誘った。

ミュージカル「17 AGAIN」より。(撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ)

ミュージカル「17 AGAIN」より。(撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ)[拡大]

ミュージカル「17 AGAIN」より。(撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ)

ミュージカル「17 AGAIN」より。(撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ)[拡大]

出演者には竹内、ソニン、エハラのほか、マギー役の桜井日奈子、アレックス役の福澤希空(WATWING)、スタン役の有澤樟太郎、ネッドに好かれるマスターソン校長役の水夏希らが名を連ねる。

竹内は作品について「この作品の登場人物たちが抱えている問題は日常的にありふれたもので、みんな自分の目的に一生懸命というところが一番の魅力だと思います」と語り、初日に向けて「最高のパフォーマンスをして、楽しい気持ちで劇場を後にしていただけるように全力で頑張ります」と意気込みを見せた。

上演時間は休憩を含む約2時間50分。東京公演は6月6日まで行われ、その後、11日から13日まで兵庫・兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール、18日から20日まで佐賀・鳥栖市民文化会館 大ホール、26日に広島・広島文化学園HBGホール、7月1日から11日まで愛知・御園座でも上演される。

竹内涼真コメント

いよいよ初日を迎えます。無事に開幕できる、劇場でお客さんに会えるという喜びを感じています。稽古というものを初めて経験しましたが、自分の知らない世界が広がっていて、僕の体の中にはない表現方法を取り入れるのが難しく大変な作業でした。でも何回も試行錯誤し最後にひとつの形にするという作業はすごく好きでした。演出の谷さんは役者に寄り添って演出してくださいましたし、共演者の皆さんが役を大事にして稽古に臨んでいる姿に感銘を受けました。全員で作品を面白くしようという気持ちで稽古を積み重ねられることが、すごく素敵だと思いました。この作品の登場人物たちが抱えている問題は日常的にありふれたもので、みんな自分の目的に一生懸命というところが一番の魅力だと思います。この大変な時期に劇場に足を運んでくださる皆様には、心から感謝しています。最高のパフォーマンスをして、楽しい気持ちで劇場を後にしていただけるように全力で頑張りますので楽しみにしていてください。

この記事の画像・動画(全11件)

ミュージカル「17 AGAIN」

2021年5月16日(日)~6月6日(日)
東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

2021年6月11日(金)~13日(日)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

2021年6月18日(金)~20日(日)
佐賀県 鳥栖市民文化会館 大ホール

2021年6月26日(土)
広島県 広島文化学園HBGホール

2021年7月1日(木)~11日(日)
愛知県 御園座

脚本:マルコ・ぺネット
作曲・作詞:アラン・ザッカリー&マイケル・ウェイナー
翻訳・演出:谷賢一
訳詞:高橋亜子
音楽監督:長谷川雅大

キャスト

マイク(マーク):竹内涼真
スカーレット(妻):ソニン
ネッド(親友):エハラマサヒロ
マギー(娘):桜井日奈子
アレックス(息子):福澤希空(WATWING
スタン(マギーの彼氏):有澤樟太郎
マスターソン校長:水夏希

マーフィーコーチ / 用務員:角川裕明
ネイオミ:安田カナ
ディーン:大原研二

(以下五十音順)岡田治己、小原悠輝、松谷嵐鯨井未呼斗、長澤仙明、松村桜李、熊澤沙穂、坂口杏奈、佐藤彩香、中西彩加、町屋美咲、森莉那

全文を表示

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連記事

竹内涼真のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 竹内涼真 / 谷賢一 / ソニン / エハラマサヒロ / 桜井日奈子 / 有澤樟太郎 / 水夏希 / WATWING / 角川裕明 / 安田カナ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします