ala Collectionシリーズ第12弾に松田正隆「紙屋悦子の青春」演出は藤井ごう

55

ala Collectionシリーズ vol.12「紙屋悦子の青春」が9月29日から10月4日まで岐阜・可児市文化創造センター 小劇場、10月に東京・吉祥寺シアターにて上演される。

平体まひろ

平体まひろ

大きなサイズで見る(全5件)

「ala Collection シリーズ」は、キャスト・スタッフが岐阜県可児市で滞在制作を行うプロジェクト。今回は松田正隆の「長崎三部作」の1作目、「紙屋悦子の青春」を藤井ごうの演出で上演する。

舞台は1945年。東京大空襲で両親を亡くし兄夫婦と暮らす悦子は、密かに思いを寄せる明石少尉の親友・永与少尉との縁談を勧められるが……。出演者には文学座の平体まひろ、長谷川敦央、文化座の藤原章寛、ハイリンドの枝元萌、文学座の岸槌隆至が名を連ねた。岐阜公演のチケットは7月10日に販売を開始。東京公演の詳細は続報を待とう。

この記事の画像(全5件)

ala Collectionシリーズ vol.12「紙屋悦子の青春」

2021年9月29日(水)~10月4日(月)
兵庫県 可児市文化創造センター 小劇場

2021年10月
東京都 吉祥寺シアター

作:松田正隆
演出:藤井ごう
出演:平体まひろ、長谷川敦央、藤原章寛、枝元萌、岸槌隆至

全文を表示

関連記事

松田正隆のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 松田正隆 / 藤井ごう / 枝元萌 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします