川崎皇輝が舞台初主演、鴻上尚史の「ロミオとロザライン」でロミオ役

2493

少年忍者 / ジャニーズJr.の川崎皇輝が主演する舞台「ロミオとロザライン」が、7月に東京と大阪で上演される。

左から飯窪春菜、川崎皇輝、吉倉あおい。

左から飯窪春菜、川崎皇輝、吉倉あおい。

大きなサイズで見る(全2件)

「ロミオとロザライン」は鴻上尚史が作・演出を手がける新作。川崎は本作で舞台初主演を飾る。劇中では、「ロミオとジュリエット」を上演する稽古場を舞台にストーリーが展開する。ロザラインは、ロミオがジュリエットと出会う前に恋をしていた女性のこと。ロミオがロザラインの気を引くために、ジュリエットを好きなふりをしていたら、最初は演技だった恋が本気になってしまったのだとしたら、ロザラインはどのように感じるのか……ということを起点に、ロミオとロザライン、ジュリエットの関係や「ロミオとジュリエット」の物語の変容が描かれる。

出演者には川崎のほかに、吉倉あおい飯窪春菜一色洋平、二宮陽二郎、ザンヨウコ、渡辺芳博、大高洋夫が名を連ねた。鴻上は「ロミオとロザラインとジュリエットの三人の物語を僕はずっと夢想していて、小説にも書きました」「切なくて、愛おしくて、ワクワクするような物語になると思います」とコメント。また川崎は「お話をいただいた時は主演という大きな役割にとても驚きましたが、自分に任せていただけたことへの嬉しさを1番に感じました」「今はまだ不安な気持が強いですが、真っ直ぐお芝居に向き合う今回の北山役のように、僕も頂いた役に真っ直ぐ向き合って行きたいと思います」と意気込みを語っている。

公演は7月9日から25日まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA、30日から8月1日まで大阪・サンケイホールブリーゼにて行われる。チケットの発売は6月19日。

川崎皇輝コメント

今回の「ロミオとロザライン」という作品は僕にとって舞台初主演になります。お話をいただいた時は主演という大きな役割にとても驚きましたが、自分に任せていただけたことへの嬉しさを1番に感じました。

この作品は、若い俳優たちのお話をベースに、3つの物語が入り混じって進んでいきます。どのように交錯していくのかも今から楽しみです。

鴻上尚史さんに初めてお会いした時、ワークショップをさせて頂き、2時間という短い時間で、自分でも分かるほど成長することができたと感じました。稽古期間も合わせて約2カ月間演出を受けられるということで本当に楽しみです。今はまだ不安な気持が強いですが、真っ直ぐお芝居に向き合う今回の北山役のように、僕も頂いた役に真っ直ぐ向き合って行きたいと思います。

鴻上尚史コメント

鴻上尚史 (c)TOWA

鴻上尚史 (c)TOWA[拡大]

いよいよ、「ロミオとロザライン」を上演することになりました。ロザラインは、ロミオがジュリエットに出会う前に恋していた女性です。ロミオとロザラインとジュリエットの三人の物語を僕はずっと夢想していて、小説にも書きました。

主演のロミオには、演技に対して、実に熱心に向き合っている川崎皇輝さん。ロザラインには、着々と演技力をつけている吉倉あおいさん。そして、ジュリエットには、演技に対して熱意が溢れる飯窪春菜さん。

とても、新鮮で魅力的な三人に集まってもらえました。切なくて、愛おしくて、ワクワクするような物語になると思います。ご期待下さい。

この記事の画像(全2件)

舞台「ロミオとロザライン」

2021年7月9日(金)~25日(日)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

2021年7月30日(金)~8月1日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

作・演出:鴻上尚史
出演:川崎皇輝吉倉あおい飯窪春菜 / 一色洋平、二宮陽二郎、ザンヨウコ、渡辺芳博 / 大高洋夫

※川崎皇輝の「崎」は立つ崎が正式表記。

全文を表示

川崎皇輝のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 川崎皇輝 / 吉倉あおい / 飯窪春菜 / 一色洋平 / ザンヨウコ / 大高洋夫 / 鴻上尚史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします