TAAC「世界が消えないように」開幕、次回公演「ダムウェイター」も決定

270

TAAC「世界が消えないように」が、本日4月7日に東京・駅前劇場で開幕した。

TAAC「世界が消えないように」より。(撮影:堀川高志)

TAAC「世界が消えないように」より。(撮影:堀川高志)

大きなサイズで見る(全17件)

TAAC「世界が消えないように」より。(撮影:堀川高志)

TAAC「世界が消えないように」より。(撮影:堀川高志)[拡大]

TAACは作・演出家のタカイアキフミによるソロプロデュースユニット。第4弾公演となる「世界が消えないように」は昨年6月に上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。今回は、当初よりキャスティングされていた永嶋柊吾松本大大野瑞生高橋里恩三好大貴が出演する。

TAAC「世界が消えないように」より。(撮影:堀川高志)

TAAC「世界が消えないように」より。(撮影:堀川高志)[拡大]

TAAC「世界が消えないように」より。(撮影:堀川高志)

TAAC「世界が消えないように」より。(撮影:堀川高志)[拡大]

永嶋は「顔を突き合わせた日、延期が決まった日、再開の日、初めてマスクを外して芝居した日、ついにこの日。今日が1番だよな、みんな。やるだけやったらまた会おう。観に来てくださる皆々様も。かけがえのない時間を過ごして、そんでまたどっかで、会おう」とコメント。タカイも「あの、なんでもない、どうしようもない日々がまた訪れますように。そのためにも、僕は芝居を通して多くの人々と出会い、人々の営みに火を灯したい」と思いを語った。公演は4月13日まで。なお9日18:30開演回は、ローチケ LIVE STREAMINGでライブ配信される。

TAAC「ダムウェイター」速報ビジュアル

TAAC「ダムウェイター」速報ビジュアル[拡大]

なおTAACによる「ダムウェイター」が、11月上旬に東京・すみだパークシアター倉で上演されることが明らかになった。TAACにとって初の翻訳劇となる本作では、ハロルド・ピンターの戯曲をタカイの演出、大野と横田龍儀の出演により立ち上げる。詳細は続報を待とう。

永嶋柊吾 コメント

顔を突き合わせた日、延期が決まった日、再開の日、初めてマスクを外して芝居した日、ついにこの日。

今日が1番だよな、みんな。やるだけやったらまた会おう。

観に来てくださる皆々様も。かけがえのない時間を過ごして、そんでまたどっかで、会おう。

タカイアキフミ コメント

幕が上がるの「幕」がどれだけ重いのかを知った1年だった。

でも、その幕がどれだけ重くても、幕を上げようとする人がいる。

そしてその幕が上がることを信じている人がいる。だから、演劇は消えない。

あの、なんでもない、どうしようもない日々がまた訪れますように。

そのためにも、僕は芝居を通して多くの人々と出会い、人々の営みに火を灯したい。

この記事の画像(全17件)

TAAC「世界が消えないように」

2021年4月7日(水)~13日(火)
東京都 駅前劇場

作・演出:タカイアキフミ
出演:永嶋柊吾松本大大野瑞生高橋里恩三好大貴

※高橋里恩の「高」ははしごだかが正式表記。

TAAC「ダムウェイター」

2021年11月上旬
東京都 すみだパークシアター倉

脚本:ハロルド・ピンター
演出:タカイアキフミ
出演:大野瑞生、横田龍儀

全文を表示

関連記事

TAACのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 TAAC / タカイアキフミ / 永嶋柊吾 / 松本大 / 大野瑞生 / 高橋里恩 / 三好大貴 / 横田龍儀 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします