大正時代の小説家たちが思想を闘わせ…CROWNS「蝶の筆」に塩崎こうせい・末原拓馬・大野清志

169

CROWNS「蝶の筆」が5月12日から23日まで、東京・花まる学習会王子小劇場で上演される。

CROWNS「蝶の筆」ビジュアル

CROWNS「蝶の筆」ビジュアル

大きなサイズで見る

小田竜世が作・演出を担う「蝶の筆」は、“思想の闘い”がスタートした大正時代に生きた、矢代露風、青山千太郎、木島虎蔵の3人の小説家の姿を描いた作品。彼らが、関東大震災を経てそれぞれの生き方を見つけていく様子が描かれる。

出演には本作のプロデューサーでもある塩崎こうせいと、おぼんろの末原拓馬X-QUESTの大野清志のほか、清水宗史、大多和愛子らが名を連ねた。

CROWNS「蝶の筆」

2021年5月12日(水)~23日(日)
東京都 花まる学習会王子小劇場

作・演出:小田竜世
出演:塩崎こうせい末原拓馬、大野清志 / 竹石悟朗、小山洋平、遠藤裕司、福地教光さひがしジュンペイ / 清水宗史 / なしお成、有賀さやか、江里奈、吉田智美、夏陽りんこ、熊野ふみ / 大多和愛子

全文を表示

※2021年5月12日追記:5月12日から16日までの公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

塩崎こうせいのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 塩崎こうせい / 末原拓馬 / X-QUEST / 竹石悟朗 / 福地教光 / さひがしジュンペイ / 有賀さやか / 吉田智美 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします