狂言劇場第9弾にシリーズ初登場の「法螺侍」「鮎」、新演出・新配役で上演

76

「狂言劇場 その九『法螺侍』『鮎』」が、6月18日から27日まで東京・世田谷パブリックシアターで上演される。

左から野村萬斎、野村万作、野村裕基。

左から野村萬斎、野村万作、野村裕基。

大きなサイズで見る

「狂言劇場」は「“舞台芸術=パフォーミングアーツ”としての能・狂言」というコンセプトで、2004年にスタートしたシリーズ。第9弾となる今回は、本シリーズ初登場の「法螺侍」と「鮎」を、新演出・新配役で披露する。出演者には野村万作野村萬斎、石田幸雄、野村裕基ら、万作の会の面々が名を連ねた。

「法螺侍」は、ウィリアム・シェイクスピアの「ウィンザーの陽気な女房たち」を原作に、高橋康也が作、万作が演出を手がける狂言。今回は、これまで万作が演じてきた洞田助右衛門役を萬斎が演じる。また池澤夏樹が作、萬斎が演出・補綴を担当する「鮎」は、2017年に初演された作品だ。なお「法螺侍」と「鮎」は回替わりで上演され、上演スケジュールは後日発表される。

「狂言劇場 その九『法螺侍』『鮎』」

2021年6月18日(金)~27日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

出演:野村万作野村萬斎、石田幸雄、野村裕基、ほか万作の会

Aプログラム「法螺侍」ほか

原作:ウィリアム・シェイクスピア「ウィンザーの陽気な女房たち」
作:高橋康也
演出:野村万作

Bプログラム「鮎」ほか

作:池澤夏樹
演出・補綴:野村萬斎

全文を表示

関連記事

野村万作のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 野村万作 / 野村萬斎 / 野村裕基 / ウィリアム・シェイクスピア の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします