コクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」上演決定!出演に中村勘九郎・中村七之助・尾上松也ら

350

「渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾『夏祭浪花鑑』」が、5月6日から30日まで東京・Bunkamura シアターコクーンで上演される。

中村勘九郎

中村勘九郎

大きなサイズで見る(全8件)

中村七之助

中村七之助[拡大]

尾上松也

尾上松也[拡大]

コクーン歌舞伎は、串田和美と十八世中村勘三郎がタッグを組み、1994年に誕生させた歌舞伎公演。古典歌舞伎を読み直し、現代に重ね合わせて演出する手法で、これまでにも数々の話題作を発表してきた。浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎では1996年、2003年、2008年に上演された人気演目。演出・美術を串田が手がけ、出演には、中村勘九郎中村七之助尾上松也中村虎之介、中村長三郎、中村鶴松笹野高史片岡亀蔵が名を連ねた。

血の気は多いが義理人情に厚い団七九郎兵衛(勘九郎)は、とあるけんかが原因で牢に入れられていたが、国主浜田家の諸士頭・玉島兵太夫の尽力によって解放され、女房のお梶(七之助)、息子の市松(長三郎)と再会する。後日、恩人である兵太夫の息子・磯之丞(虎之介)と、その恋人・琴浦(鶴松)の仲が悪人によって引き裂かれようとしていることを知った団七は、一寸徳兵衛(松也)と、その女房のお辰(松也)、釣船三婦(亀蔵)らと協力して磯之丞たちを助けようとする。しかし、団七の義父・義平次(笹野)だけは彼らの義侠心を踏みにじり……。

本公演の前売りチケットは3月27日10:00に販売開始される。

この記事の画像(全8件)

「渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾『夏祭浪花鑑』」

2021年5月6日(木)~30日(日)
東京都 Bunkamura シアターコクーン

作:並木千柳、三好松洛、竹田小出雲(「夏祭浪花鑑」より)
演出・美術:串田和美

出演

団七九郎兵衛:中村勘九郎
団七女房お梶:中村七之助
一寸徳兵衛 / 徳兵衛女房お辰:尾上松也
玉島磯之丞:中村虎之介
団七伜市松:中村長三郎
傾城琴浦 / 役人左膳:中村鶴松
三河屋義平次:笹野高史
釣船三婦:片岡亀蔵

全文を表示

※2021年4月24日追記:5月6日から11日までの公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

関連記事

中村勘九郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 中村勘九郎 / 中村七之助 / 尾上松也 / 串田和美 / 中村虎之介 / 中村鶴松 / 笹野高史 / 片岡亀蔵 / 中村勘三郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします