ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

中村七之助が色男に!コクーン歌舞伎「切られの与三」共演に中村梅枝ら

955

「渋谷・コクーン歌舞伎 第十六弾『切られの与三』」が、5月9日から31日まで東京・Bunkamura シアターコクーンにて上演される。

故・十八世中村勘三郎と串田和美のタッグにより、1994年にスタートした「渋谷・コクーン歌舞伎」。約2年ぶりとなる「コクーン歌舞伎」の演目に選ばれたのは、「切られ与三」の通称で親しまれる三世瀬川如皐の江戸世話物「与話情浮名横櫛」だ。運命に翻弄される男女の生き様が描かれ、今作では気鋭の女方・中村七之助が色男の与三郎役を勤める。

演出を串田、補綴を木ノ下歌舞伎の木ノ下裕一が担当。与三郎の相手役・お富役を「コクーン歌舞伎」初出演となる中村梅枝が演じるほか、梅枝の弟・中村萬太郎や、笹野高史片岡亀蔵中村扇雀が出演者に名を連ねている。9幕18場からなる長編「与話情浮名横櫛」から、普段は上演されない場面を洗い出して再構築した、串田版「切られの与三」に注目しよう。

「渋谷・コクーン歌舞伎 第十六弾『切られの与三』」

2018年5月9日(水)~31日(木)
東京都 Bunkamura シアターコクーン

作:瀬川如皐「与話情浮名横櫛」より
補綴:木ノ下裕一
演出:串田和美
出演:中村七之助中村梅枝中村萬太郎笹野高史片岡亀蔵中村扇雀

ステージナタリーをフォロー